炎舞

 あこがれの、速水御舟の「炎舞」にやっと出会えました。山種美術館の40周年記念で、所蔵作品が一斉に展示され、その目玉のひとつが、「炎舞」です。ともかく、一度見たくて、武術館に次の展示を訪ねていたほどです。

 想像にたがわぬ、名作でした。ただ、炎と蛾という日本画の題材としては稀で、また配色も黒と炎のオレンジですから、これも稀。という意味で、私は大好きなのですが日本画としては、異端だと思っているのです。「重文」になっているのがちょっと不思議なくらいです。

 期間中にまた見に行くつもりです。