田中康夫氏衆院「鞍替え」出馬と小沢戦術

 田中康夫氏が、参院から、衆院兵庫8区に鞍替え出馬するとの報道が流れました。兵庫8区は、田中氏が阪神淡路大震災でボランティア活動をした地。さらに、現職が、国土交通大臣を務めた公明党・冬柴鉄三氏。脱ダム宣言の田中氏が、日本の国土交通政策を問うにも、絶好の相手。
 私は、田中氏の決断と、それを支えた(推し進めた)小沢氏の戦術に脱帽です。「ボランティア」で選挙応援に行きたいぐらいです。
 それにしても、東国原知事の担ぎだしをはかって、頓挫した自民党の戦術ミスと、この小沢戦術を対比すると、もう選挙の結果は明らかなようにも思えます。
 これからの注目は、東京12区。公明党の太田昭宏代表が現職。ここに民主党が誰をぶつけるか、です。おそらく、今の政治情勢ですと、そんなに知名度のない候補でも、民主党に勝機は十分にあると思いますが、小沢氏のことですから、相当の大物をぶつけてくるのではないでしょうか?
 田中康夫vs冬柴鉄三。???氏vs太田昭宏。06年の総選挙の広島6区「ホリエモンvs亀井静香」に匹敵する、総選挙の目玉選挙区は確定ですね!