田中真紀子,がんばれ!

田中真紀子ブームから,真紀子バッシングに世の中のムードは転換中のようです。私は,もうすこし粘って,がんばってほしいと思っています。今までの,政治や行政は一種の予定調和の世界で,水面下でいろいろなことが決まっていました。 でも,真紀子さんがごねるたびに,そういった調和が崩れるんですよね。水面下の調整が表に出てくる。おもしろいじゃありませんか。正直にいうと,省庁の局長以上の人事は,官房長官・副長官で構成する人事検討会議の了承を得て閣議に諮る制度があるなんて,知りませんでした。この会議のお陰で,田中外相は,人事権を官邸に縛られていたんですよね。 こういうことがわかるだけでも,いいじゃないですか。外交が停滞,といったって,日本の外務省は,筋が通った外交なんてしてこなかったんじゃないでしょうか?機密費ばっかり無駄遣いしたり,タクシー券を巻き上げたり・・・。