着陸やり直し

 中部国際空港で、11日、着陸する滑走路(付近?)に他機がいたたため、全日空機が着陸をやりなおしたというニュースが。また、先月の10月20日にも、関空で同様のトラブルが。
 じつは、10年ほど前でしょうか、私の乗った飛行機がまったく同じトラブルに。博多空港に着陸しようとしていて、すでに飛行機の窓から真横に空港の建物が見えましたから、高度20メートルとかでしょう・・。急に再上昇。何事かと思ったら上空で「滑走路に他機がいたので、着陸をやり直します」とのこと。
 とんでもないと思った私は、降りる際に「この機のミスなのか、管制官のミスなのか?」と客室乗務員に質問。答えがありませんでした。当時は、TBSラジオの「森本毅郎スタンバイ」に出演していたため、この話題をラジオで話しました。事実確認のために、エアラインに連絡すると、本番前に広報課長がスタジオに来る、という事態にも。
 ただ当時は、大騒ぎしたのは私一人。報道もなされなかったように思います。番組を聞いていたパイロットの方から「よくあること・・」なんて電話があったりしましたが。冗談じゃないですよね。いまは、「航空・鉄道事故調査委員会」が調査ですから。