福田辞任・・・

 福田総理は、経済対策をとりまとめ、臨時国会に臨むことになっていた。それを投げ出だしたのには、驚いたと言うしかない。本来、新総理は、新総理としての政策を作り実行すべきであって、福田総理が作った政策を、新総理が実現するというのは、スジが通らない。
 内閣改造を一ヶ月前に行ってからのこの間に、辞任を決意する何かがあったのだろう。民主党との関係が、この一ヶ月間に変わったとは思えない。あるとすれば、公明党の対自民党への姿勢の変化だろう。
 辞任にあたって、麻生幹事長、町村官房長官らとは相談したようだが、今のところ、公明党との相談はなかったようだ。
 私は、この公明党の姿勢の変化が、辞任のきっかけなのではないかと考えている。臨時国会を、対民主党だけでなく、対公明党という二正面作戦をとらざるをえない状況では乗り切れない、と判断したのではないだろうか?
 こうなると、麻生幹事長が、国民的人気とともに、公明との良好な関係という点からも、次期総理候補に浮上するのではないだろうか?(1日22時)