経営委員長

HPにも書きましたが、週刊朝日の今週号に、松原がNHK経営委員長に「まんざらでもない」との記事が(148ページ)。

ひどい記事です。取材要請が「NHKの受信料義務化」について、ですから。それについて、1時間近く話をして、ほんの数分「NHKの新経営委員(委員長ではありません!)の候補に先生の名前が・・」との問いに、「まったく聞いていません。コメントもできません。」の対応。
それが、松原が「まんざらでもない」との記事ですから。

ちなみに、私は、経営委員長は「専任」であるべき、との立場です。私が、大学を辞し、経営委員長になることに「まんざらでもない」なんてことはありえないわけです。私のどういう表情から「まんざらでもない」としたのか、記者の「眼」の確かさが問われますよね。

これが、朝日新聞の記者(現在は、週刊朝日)の署名記事ですから、あきれてものも言えません・・・。