腰砕け、小沢民主党

 小沢氏に導かれている民主党。自民党との対決路線を鮮明にして、参議院選に勝利。次に衆院選に勝ち、政権奪取。彼の戦略は明確だ。
 しかし、衆院の300の小選挙区での勝利の目処がたたず、彼の戦術は、自民党との大連立に動いていく。対決から連立への大転換である。
 今、民主党は、道路特定財源と日銀総裁の同意人事という二つの大きな武器を持っている。この二つで福田政権と対決すれば、間違いなく解散、総選挙となる。自民、社会の二大政党成立以後、野党がこれだけ解散・総選挙のイニシャティブを持ったことはかつてなかった。
 しかし、解散・総選挙となっても、民主党が勝てる目処が立たずに、この対決から逃げているとしてしか思えないのが、今の小沢民主党である。それを察してか、解散総選挙はサミット後どころか、来年のサミット後などと言われるほどである。闘う姿勢を失った野党は、与党に利するだけではないのか?
 民主党内に、ぐずぐずと対決を避ける小沢氏に対する批判が高まっている。小沢、鳩山の亀裂を自民党に高みの見物をされているようでは、なんのための参議院での多数なのか・・。民主党はこのままでは、国民の支持を失うだけである。
 大連立なのか、対決なのか、そろそろしっかりとした戦略を国民に提示すべきである。