自民が死んだ日

画像
総選挙報道で秀逸だったのは、日刊スポーツ紙(8月31日)。真っ黒な背景に麻生氏が浮かび、「自民が死んだ日」のタイトルが・・。見事なまでに、総選挙の結果を示していました。また、「小泉チルドレン消え、本当のチルドレン(小泉進次郎氏)当選」のタイトルも・・。
また、小選挙区で敗れ、比例復活した麻生内閣重鎮、与謝野馨氏の談話も意味深でした。「選挙向けの人気で総裁を選んだのが失敗だった」、と。つまり、人気で選んだ麻生氏が総理の器ではなかった、との総括だったと思います。麻生氏の側近中の側近の言葉は重いですね。その麻生氏の本性を、有権者もしっかり見抜いていた、ということなのでしょう。