自民党総裁選vs民主党代表選

 福田辞任で、自民党が総裁選を行うことに。ここで、予備選挙を含む総裁選が行われ、仮に積極財政の麻生vs構造改革の小池百合子の対決などとなれば、盛り上がりは必至。一方、民主が無投票小沢当選となると、両党の勢いは大逆転するのでは?
 福田氏は、公明党の離反で臨時国会中に総辞職か解散の可能性が高いと判断したのだろう。70日の任期では、テロ特措法の成立は難しいからだ。
 臨時国会中に総選挙に追い込まれれば、民主党に圧倒的に有利な状況に。そのぐらいなら、大々的に総裁選を行い、その上で臨時国会に臨む。そうであれば、民主党に追い込まれての解散は避けられる。また、勢いのある自民党となら、公明党は再びすり寄ってくるだろう。
 こんなヨミで、福田氏は辞任を決意したのでは?(1日23時半)