解散先送り、NASAvs北側

 麻生総理は、幹事長就任時に福田前総理から「禅譲」を約束されたものと考えられる。しかし、総裁選挙で圧勝したのは、公明党、とりわけ北側幹事長の麻生支持が相当の影響があったと思う。解散をするための総理は、選挙で公明党の支持が不可欠。その公明党の支持は、自民党議員に大きな影響を与えたと思う。
 しかし、総理就任後、麻生=北側のお友達ラインは薄れて、NASAともいわれる自民党内の盟友が麻生総理に大きな影響を与えていくようになった。中川昭、麻生、菅、甘利のこの仲良し4人組が、解散先延ばしを決めていった。
 早期解散を声高に叫んでいた森・細田など、麻生は最初から眼中になかったのかも知れない・・。
 これからは、国会での自民と民主のバトル次第で解散が決まっていくのだろう。民主党が国会で攻めるには、自民党・閣僚などのスキャンダルが必要。情けない話だが、そのスキャンダル次第で解散時期が決まるような気がしてならない。