財務省と公明党の狭間・・・

 総理の座の重責は相当なものなのだろう。特に、改革を指向したり、与野党伯仲やねじれの中では・・。改革に突っ走った小泉総理は、政界引退を表明。安倍氏は病に倒れ、福田氏は、政権を投げ出した。同じような苦痛を、麻生氏は感じているのだと思う。
 麻生氏は、公明党との関係で、2兆円の定額減税=給付金の支給を事実上義務づけられている。同時に、与謝野馨氏をとおして、財務省の増税路線も踏襲させられている。それぞれの政策自体が、合理性を欠くものであるが、この減税と増税という政策を同時に議論することも、矛盾である。おそらく、「経済通」の麻生氏が総理の座になければ、彼は定額給付金にも、消費税増税にも大反対の論陣をはっていたはずだ。
 それが総理の座にあるがゆえに、この二つを同時にすすめざるをえなくなっている。漢字が読めずに、国民の支持を失い、政局を読めずに党内の指示を失い、さらに自らが納得できない政策を実施せざるをえない・・・。お気の毒ではあるが、自ら選んだ道である。安倍、福田と続いた無責任な政権投げ出しだけは勘弁してほしい。