道州制①

 8県の知事が、道州制反対を、自民、民主、公明の各党に申し入れました(兵庫、福井、山形、福島、石川、三重、滋賀、奈良)。私は、日本には分権が絶対に必要だし、そのためには受け皿の整備が必要、と考えています。小さい国土を、明治以来の47に分割することの合理性はないし、そもそも1200万の東京と、60万の鳥取で、20倍!!もの人口格差があります。
 鳥取県を人口で上回る政令指定都市は17。横浜にいたっては360万人ですから、鳥取の6倍。
 都道府県を、10前後の道州にまとめあげて、地域間の差を小さくして、分権の受け皿作りをすることは絶対に必要だと思っています。国が分権を渋る理由は二つ。都道府県をまたがる仕事は国、都道府県間の格差の是正も国。
 道州制になれば、都道府県をまたがる仕事のほとんどは、州内におさまる。そうなると、国道や河川管理の仕事は州、ということになります。また、道州で、今の20倍、なんて格差は小さくなりますから、格差是正の必要性も大幅に低下。
 しかし、乗り越えるべき壁も高い・・(to be continued)