選挙

小泉内閣の支持が,そのまま自民党につながりましたね。これで,改革が加速する可能性がぐっと高まったと思います。自民党は表立って,改革反対を言いづらくなりました。 今回の選挙で私が注目したのが,自民党比例区の高祖憲治氏。郵政官僚出身で,特定局長会などがバックアップ。なんと,47万票以上を取って上位当選。もうひとりが,民主党比例区の伊藤基隆氏。郵便局の労働組合,全逓の元委員長。全逓の全面的な支援で,19万票以上を取って,こちらも上位当選。郵政省既得権軍団の力,恐るべし!! ただ,そうはいっても,全当選者の中のたった二人であることも事実です。どんな業界も,何人も議員を出していますし・・・。(このホームページの「掲示板」で,郵政民営化についての議論が出ています。ごらんになってください。)

もうひとつ。仙台市長選。私は,かつての同僚,樋口美智子氏を応援していました。残念ながら落選。浅野宮城県知事が,三顧の礼で彼女を迎えたくせに,今回の選挙では支持しないで,既得権そのものの現職を支持。どうなっちゃってるんだろう???うーーん。くやしい! ただ,公共事業(仙台の場合は,地下鉄建設です)の見直しや行革を公約に掲げた彼女の戦いは,必ず将来につながる,と信じています。