郵政懇談会

私は,小泉総理の「郵政三事業の在り方について検討する懇談会」の委員を務めています。10月11日(木)に,第4回の懇談会が開催されました。 ここは,総理の持論の郵政民営化を具体化するものとして期待されていますが,最近報道され始めましたが,郵政民営化に消極的な委員が数多く入っています。10人中,民営化推進派は4人などと報道されている始末です。 中で議論に参加している委員として,報道されている中身は,ほぼ実態そのものです。また,郵政官僚(総務省郵政企画管理局・郵政事業庁)も,総理の意向に強い抵抗の姿勢を示しています。12日(金)に郵便の民間参入について,私のところに「ご説明」に来た官僚とは,なんと怒鳴りあいになってしまいました。 私の事前予想をはるかに超える厳しいバトルになっています。近いうちに,このあたりの情勢を,「民営化コーナー」にアップします。皆さんの応援が必要になってきました!