酸素吸入

本の締め切りに追われていました。今、東洋大学の主任教授をやっていて、これがまさに激務。政府のほうは、「企画立案」と「実施」機能を分離しましたが、主任はこれが一緒。企画と雑用を同時にこなさなければなりません。この激務と、審議会やマスコミの仕事が重なると、とても「執筆」時間がないのです。 なんと、酸素吸入しながら、執筆していました。ようやく、脱稿。ほっと一息です。というと、かっこいいのですが、酸素吸入は、ナショナルが発売した家庭用酸素吸入器。なんか、これを使うとすっきりする気がします。(気のせいじゃない、とは言い切れないところがちょっと・・・)。