阿修羅展

 国立博物館の阿修羅展が終わりました。私は、博物館の維持会員になっており、無料で入館できるのですが、今回は見送り・・・。あの美少年とか、中性的とか称される阿修羅の正面の像は、たしかに魅力的。これを作った天平の時代に思いをはせるのですが・・。
 しかし、この像は、たしか明治に改修されたもの。わたしは、改修前の像の写真をみたことがあるのですが、ひげをはやしたおっさん顔。「清楚な少女のような表情」とはかけ離れたものでした。今の表情は、天平のものではなく、明治のものなのです。
 それを思うと、なぜか足が遠のいてしまって・・。100万人には届かなかったものの、日本彫刻としては過去最大の動員。やっぱり見ておけばよかったかな、とちょっと後悔しています(苦笑)。