面白いぞ、自民総裁選

 麻生氏に加えて、与謝野氏、石原氏、小池氏が総裁選立候補に意欲。もちろん、それぞれの方が「権力」に強い意欲があるのは間違いないだろう。
 しかし、政策の違いが際だっているところが、面白い。短期的には赤字が増えても構わないという、公共事業拡大による景気対策を掲げる麻生氏。与謝野氏は、財政均衡重視派。消費税を上げて、財政再建を果たそうとしている。一方、石原・小池氏は、構造改革を進める、歳出削減派。
 私は、それぞれの政策に一長一短があると思う。100%これだ、と言い切れないところが経済政策の難しいところ。だからこそ、政策論議を国民の前で繰り広げて、政策の優劣を国民に判断してもらいたいところだ。総裁選に投票権のある自民党議員や都道府県連は、しっかりと国民世論の動向を見て、候補者を、すなわち政策を決めてほしい。
 それにしても、そう簡単に政策はひとつに絞れるはずがないのに、小沢一本化で政策論争なき代表選。小沢さん自身が、対抗馬を出させなかった戦術を悔いているのでは?