2003年6月以前のログ

マイブーム

真鶴に、格安で部屋を借りました。ちょっとした別荘気分。松原のマイブームは「真鶴」。そのせいもあって、ホームページの更新が遅れてしまいました。ごめんなさい。(5月10日記)

衆議院テレビ
4月16日、国会に参考人で行ってきました。驚いたのは、審議内容がすべてインターネットで見られることになっていたことです。恥ずかしながら、私は知りませんでした。次のリンクから、「ビデオライブラリ」→「4月16日」→「国土交通委員会」 を選んでください。そこで、私の発言が見られます。内容などについては、追って・・。衆議院テレビ

名門研究会
今は、活動休止中ですが、99年に発足した超党派国会議員の研究会があります。「郵政民営化研究会」です。会長は、小泉純一郎、事務局長は松沢成文、メンバーに、中田宏、堂本暁子ら。私がチューターを務めました。このメンバーのうちで、小泉会長は総理大臣、中田宏は横浜市長、堂本暁子は千葉県知事、そして今回の地方選挙で松沢成文が神奈川県知事。
研究会当時は、誰もがこんな要職につくとは思っていませんでした。国会のタブーである郵政民営化を主張する「変人」が集まった研究会と白い目で見られたものでした。
そういった既得権と戦う気力を持った政治家が、小泉総理をのぞいては国政の場では活躍できていませんが、有力地方自治体の首長として、活躍を始めています。何かここに、日本の新しい政治の夜明けを感じています。まずは、松沢県知事誕生、おめでとう!そして、あらためて、この名門研究会のパワーにびっくりです。松沢さんに、「会長は総理大臣、堂本さんは県知事、中田さんは市長、事務局長のあなたはどうするの?」なんて話をしていたんですが、神奈川県知事、で答えがでましたね。(4月15日記)

松原ゼミ
東洋大学での私のゼミの紹介が、大学のホームページに載っています。じつは、私の知らないところでこの取材は行われました・・・。東洋大学経済学部ホームページ (4月14日記)

サンプロ
竹中大臣に対して、①現在の不況は、構造改革がうまく進んでいるが、その途中だからまだ成果が出ないのか、②構造改革が、守旧派の抵抗で中途半端だから、改革の成果が出ずに不況なのか、どちらか、と質問しました。答えは、前者でした。もう少し時間があれば、それなら、いつ日本経済が成長路線に乗るのか?を聞きたかったのですが、残念です。
たとえば、政府は、「ペイオフ解禁」は延期(つまり、改革を後退させ)、一方で、「時価会計導入延期」はしない(つまり改革を進める)と言っています。どうも、政策の一貫性に欠ける、という印象はぬぐえません。
国民は、改革なき成長なし、との総理の言葉を信じていいのか大いに迷っていると思うのです。私は、改革を進めるだけでは、不況脱却はないのでは、と思い始めています。
このあたりを、もっとしっかりと政府は国民に説明する必要が出てきたのではないでしょうか。それほど、日本経済の落ち込みは深刻です。(4月7日記)

第六位
4月1日に日本郵政公社発足。朝、新装なったテレビ東京「株式オープニングベル」で郵政公社発足特集。夕方、TBSラジオ「アクセス」でもコメント。アクセスのニュースランキングでは、第六位。私のコメントは、「本来、トップになるべきニュース。何もかわらなそう、ということをリスナーはよくわかっている」でした。
国営、三事業一体では、何も変わらないのです!何も変わらないまま、生田総裁は、経営強化をうたっている。生田さん、あなたの「郵政民業圧迫論」はどこにいったのでしょう?????
「オープニングベル」での私のコメントは、「郵政事業改革の道は二つ。国営公社なら民業補完、経営強化なら民営化して民間とイコールフッティング。今、公社が取ろうとしているのは、国営のままの経営強化。これは、民業を圧迫し、マーケットを乱す最悪の道!!」でした。
(実は、先週からひどい歯痛に見舞われたり、その他の理由で、郵政公社関連の取材、ずいぶんお断りしてしまいました。テレビ3番組、ラジオ1番組、新聞1。ごめんなさい。)

またまた!
FOMAのP2102Vを、インターネットオークションでゲット。45000円でした。これはいい!渋めのレッドも気に入っていますし、SDメモリを使えるので、動画などもたっぷり記録できます。追って詳細レポートを。(3月29日記)

お薦め
田原総一朗さんの、「私たちの愛」(講談社)を読みました。田原さんと奥様節子さんの愛の物語かと思ったら、さにあらず!田原さんの歩んだ道が、二人の愛を軸に語られているんですね。田原さんの道は、まさに日本のマスコミ裏面史そのもの!
一種の「私小説」的であり、同時にマスコミや日本の戦後史を振り返られる、久々に感動した本でした。(3月16日記)

竹中大臣の現状認識
3月9日(月)のサンデープロジェクトで、私は竹中大臣に「8000円という株価の水準をどうみているか」と質問しました。これは、現状を危機だと見ていれば、当然その対策は思い切ったものになる。危機ではないとみていれば、たいした対策は行われない。こう考えたからです。かれの答えは、「株価を注視する必要がある」といったもので、危機感は感じられませんでした。これでは、まともな対策は出ようもありません。
私自身は、この株価は日本経済沈没への警鐘レベルにあるとみています。政策を総動員して危機回避に当たらないと大変なことになるのではないでしょうか。
とりあえず、「銀行持ち株株規制」、「不動産への減損会計」などの株価下落要因の政策の延期が必要だと思います。これで、政府の危機回避への意気込みが市場に伝わると思います。まずは、3月の決算前に、一定のシグナルを市場に送るべきです。その上で、今まで議論となってきた補正予算や日銀の不動産証券の買い入れなどの議論を国民的に行い、総合的な危機回避策を打ち出すべきです。
構造改革論者の私が、ここまで「妥協」しているわけです。それだけ、日本経済の危機は深刻だということです。(3月10日記)

「小泉首相が森喜朗以下」
週刊文春3月13日号に、上記のタイトルの記事が。その中で、私のインタビューが載っています。森前首相以下というタイトルは、さすがにそんなことはないと思いますが、私の発言自体は正確に掲載されています。まず、「郵政民営化の議論が最終的に頓挫したのは、小泉首相の責任だ、」です。もうひとつは、「小泉首相がやりたいことが、抵抗勢力のせいで実現できなくなっているのに、そのことを正直に国民に説明していない。言葉だけが勇ましい。」です。いずれも、私の本音です。
でも、このタイトルには違和感がぬぐえませんが・・・。(3月10日記)

FOMA続報
FOMAを1ヶ月ほど使用した結果報告です。電波に関しては、大幅に改善。都内で電波がとぎれることがほぼなくなりました。また、大分に行ってきたんですが、大分市、別府、空港と問題なしに繋がりました。動画を使いこなすまでにはいっていませんが、ようやく実用のレベルに達したとみていいと思います。動画を使いたい人には、お奨めですね。(2月28日記)

CCCD
エイベックスなどのレコード会社が出すCDが、コピーコントロールCD(CCCD)となっています。CDをパソコンのハードディスクに取り込むことができず、その結果、メモリ(ソニーのメモリスティックや、パナソニックなどのSD)に取り込むこともできなくなっています。
私は、いわゆるメモリに音源を取り込んで、ちいさなシリコンオーディオで音楽を楽しんでいたのですが、このCCCDの出現で、それができなくなっていました。最近では、浜崎あゆみさんやBOAのCDは、聞くことができませんでした。
ところが、我が、パナソニックのパソコン(let’s note)には、純正CDドライブ(外付け)を通して、なんの工夫をすることなく、ハードディスクに取り込めてしまいました。一体、何のためのコピーガードだったのでしょう?実は、これ以外にも、取り込み可能な機器を身近に発見。近いうちに続報します。(2月13日記)

(ちょっと更新が遅れました。大学の公務に忙殺されたのがその理由です。)

FOMA
FOMAの新機種をゲット。NEC製の,N2051です。これは,結構いいですね!電池の持ちもまあまあ,まだ地方には持っていっていませんが,電波もだいぶ密になってきました。
なにより驚いたのは,動画がスムーズできれいなこと。詳しくは,後ほど・・・。
唯一の不満は,写真を一般の携帯電話に送れないこと。送るためには,特別のアドレスに送り,本文の冒頭に送りたい相手のアドレスを書くという面倒くさい作業が必要。それも,説明書にはまったく説明なく,ドコモに電話してようやく判明した次第。FOMAは,まだ15万台ですから。FOMA同士で写真のやりとりをするなんてことはまありえない。15万台のFOMAの通信相手は,4000万台以上のMOVAのはず!!!!(1月27日記)

新年、明けましておめでとうございます!
年末に、生まれて初めて、インターネットのオークションに参加。
sharp の zaurus SLーC700 を競り落としました。
超品薄の人気機種を、64000円で落札。最後の10分ぐらいまで、値が上がり続けました。
ちなみに、店頭価格は、59800円。

セリのおもしろさも満喫。品物も無事到着。電子手帳初の「リナックス」搭載のこの機種も快調。ご機嫌で新年を迎えています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!!
(これが,私の今年の年賀メールです。年賀状をやめてから,三年目か四年目になります。小学校6年生の姪に出したら,以下のような返事がきました!

・・・何してんの・・・・
オークションなんか楽しいわけ??
定価より高くなるんだったら、もっとふつうの買ったらどうですかね。
わたくしには理解不可能ですた。
だそうです。正直,返す言葉がありませんでした。(*^_^*)。ちなみに,この写真は,携帯電話N504iSで撮ったもの。この携帯も,衝動買いだとはさすがに言えませんね)

逆鱗
19日のサンデープロジェクトで,田中長野県知事と一緒だったのですが,私の番組中の質問が彼の逆鱗?に触れたみたい・・・。私は,自治は住民に近いところが担うべき,と考えています。また,自治を担うためにはそれなりの自治体の規模が必要,と考えています。ですから,県は国と市町村の間にあって中途半端な存在で,最終的には県の権限をどんどん市町村に委譲すべきと考えています。
そこで,番組中に,「県の権限の市町村への分権」は考えていないのか,と質問したのですが・・。番組後の控え室で,「市町村合併や,市町村への分権はおかしい」と,結構マジに怒っていました(私が怒られていました)。(1月20日記)

流行語大賞
2001年の流行語大賞は「道栄えて国滅ぶ」でした(日経ビジネス誌の見出しです)。2002年は,悩んだ末に「丸投げ」。
小泉総理の政治手法を象徴的に表していますから。(1月5日記)