CCCD

エイベックスなどのレコード会社が出すCDが、コピーコントロールCD(CCCD)となっています。CDをパソコンのハードディスクに取り込むことができず、その結果、メモリ(ソニーのメモリスティックや、パナソニックなどのSD)に取り込むこともできなくなっています。 私は、いわゆるメモリに音源を取り込んで、ちいさなシリコンオーディオで音楽を楽しんでいたのですが、このCCCDの出現で、それができなくなっていました。最近では、浜崎あゆみさんやBOAのCDは、聞くことができませんでした。 ところが、我が、パナソニックのパソコン(let’s note)には、純正CDドライブ(外付け)を通して、なんの工夫をすることなく、ハードディスクに取り込めてしまいました。一体、何のためのコピーガードだったのでしょう?実は、これ以外にも、取り込み可能な機器を身近に発見。近いうちに続報します。

(ちょっと更新が遅れました。大学の公務に忙殺されたのがその理由です。)