iPhone

 ついに、iPhone発売。ソフトバンク表参道店には、3日前から行列。最終的には1000人が並んだようです。その行列に孫正義社長が挨拶に回ったとのこと。さすがですね。(私が社長だったら(笑い)、行列の方に、ソフトバンクグッズか何かを配りますが・・・・)。
 iPhoneは、通信会社は4万円ほどの端末を2万円で販売させられるわけで、販売時点で2万円の赤字。これを通信料で回収していくんですが、ユーザーがどの程度の通信をするのかがなかなか見込めない。少なくとも、一般の携帯の比ではなく、ブラウジングなどをすると想定されていますが・・・。
 日本の通信会社の中では、比較的回線のゆとりがないソフトバンクは、回線容量増の設備投資も大変だと思います。
 iPhone単体で見れば、なかなか収益が見込めないようにも思えます。しかし、商品・サービスラインアップの中に、iPhoneがあるとうことだけで、通信会社としてたいへんなアドバンテージだと思います。その象徴が、1000人の行列でしょう。
 docomoに競り勝ってiPhoneを獲得した孫さんの経営センスに脱帽です。