「社会」カテゴリーアーカイブ

令和に思う

2019年5月1日(令和元年5月1日)

T先生、

  令和は、予報よりは若干いい、曇りで始まりました。令和、いい響きでぼくは気に入っています。ぼくは、令和の発案者と言われている中西進氏のこの問い『・・「令(うるわ)しく平和に生きる日本人の原点です」というメッセージを送りましたね。なぜ、「平和」という2文字を選んだのですか。』に対する答えが印象に残っています。「終戦から約70年、日本人は自国の軍国化を何とか防ぎ、おかげで平和が保たれてきました。しかしいま、難しい局面が立ち現れています・・でもそこには決して越えてはいけない線、聖なる一線があるのだと僕は訴えたかったのです。軍国化をしてはいけないという一線です」(朝日新聞4月20日朝刊

    第二次世界対戦後、冷戦を経て民族対立、国際テロなどの多極的な国際対立が深まり、世界平和の維持は複雑な連立方程式の中でしか解けない状況になっています。そのために日本が果たす役割が何なのかが問われています。この役割の発揮なしには、令和時代の日本自身の平和も維持されないのではないでしょうか。

T先生、

  平和は、私たちの生活の安定を意味しているとすると、地震などの災害や、もしかすると激しく進む少子高齢化や人口減少も、平和を脅かすものかもしれません。振り返ってみると、過去には経済危機などの生活の不安定が引き起こした戦争も少なからずありました。

  昭和から平成への改元は、昭和天皇のご病状の報道とご薨去の中で行われました。平成から令和へは、平成天皇がご夫婦でお元気な中での改元であり、歴史の中で繰り返されてきた人心を新たにしてきた改元を彷彿させます。

  ここで思い起こすのが、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という憲法の前文です。平和の維持には、恐怖だけではなく、欠乏からも免れることを必要とすることが明示されています。私たちは、世界平和維持のためには、国際関係の安定のために積極的な役割を果たすとともに、日本の、そして世界の経済の安定のための努力も惜しんではならない、ということだと思います。

T先生、

 令和への改元で、今、国民の心が一つにまとまりつつあるように見受けられます。この機会に、オリンピック、パラリンピックを直前に控え、これからの真の意味での平和の時代作りに、「国際社会において、名誉ある地位を占め」るための努力がもとめられているのでしょう。その時に、教育の果たす役割も大きいと思います。

   改元の朝に、つらつらと考えたことを書き留めてみました、、、

   連休の残り、ゆっくりとお過ごしください。

➡️TOPhttp://satorum.net/

サンプロ

竹中大臣に対して、①現在の不況は、構造改革がうまく進んでいるが、その途中だからまだ成果が出ないのか、②構造改革が、守旧派の抵抗で中途半端だから、改革の成果が出ずに不況なのか、どちらか、と質問しました。答えは、前者でした。もう少し時間があれば、それなら、いつ日本経済が成長路線に乗るのか?を聞きたかったのですが、残念です。 たとえば、政府は、「ペイオフ解禁」は延期(つまり、改革を後退させ)、一方で、「時価会計導入延期」はしない(つまり改革を進める)と言っています。どうも、政策の一貫性に欠ける、という印象はぬぐえません。 国民は、改革なき成長なし、との総理の言葉を信じていいのか大いに迷っていると思うのです。私は、改革を進めるだけでは、不況脱却はないのでは、と思い始めています。 このあたりを、もっとしっかりと政府は国民に説明する必要が出てきたのではないでしょうか。それほど、日本経済の落ち込みは深刻です.

第六位

4月1日に日本郵政公社発足。朝、新装なったテレビ東京「株式オープニングベル」で郵政公社発足特集。夕方、TBSラジオ「アクセス」でもコメント。アクセスのニュースランキングでは、第六位。私のコメントは、「本来、トップになるべきニュース。何もかわらなそう、ということをリスナーはよくわかっている」でした。 国営、三事業一体では、何も変わらないのです!何も変わらないまま、生田総裁は、経営強化をうたっている。生田さん、あなたの「郵政民業圧迫論」はどこにいったのでしょう????? 「オープニングベル」での私のコメントは、「郵政事業改革の道は二つ。国営公社なら民業補完、経営強化なら民営化して民間とイコールフッティング。今、公社が取ろうとしているのは、国営のままの経営強化。これは、民業を圧迫し、マーケットを乱す最悪の道!!」でした。 (実は、先週からひどい歯痛に見舞われたり、その他の理由で、郵政公社関連の取材、ずいぶんお断りしてしまいました。テレビ3番組、ラジオ1番組、新聞1。ごめんなさい。)

流行語大賞

2001年の流行語大賞は「道栄えて国滅ぶ」でした(日経ビジネス誌の見出しです)。2002年は,悩んだ末に「丸投げ」。 小泉総理の政治手法を象徴的に表していますから。

道路公団

ついに、今日(6日)が道路公団の結論が出る日です。今井委員長ら2委員の「建設推進派」と、猪瀬委員ら5委員の「建設抑制派」の激突です。郵政の懇談会委員をやった松原の経験からして、この混乱の原因は120%、小泉総理にありです。 郵政の場合、明確な結論が出て、郵政民営化の議論が加速されるのを恐れた総理が、「3案併記」の大前提をもうけていました。これを受けた田中座長は、一切、一本化の努力をしませんでした。道路の場合は、間違いなく今井委員長は、官邸筋から「建設推進」的な意見でのとりまとめの指示が出ていたと思います。 総理は、郵政でも道路でも、最終的に族議員と正面衝突することは避けようとしていると思います。正面衝突から、ハプニング的解散、というシナリオを避けようとしているのだと思います。最初から、本気でバトルする気はないのです。 今日、どういう結論が出るのか、わかりません。しかし、5人の「抑制派」が安易な妥協に走るとは思えません。総理の意図に反して、ひとつの案にまとまる可能性がまだ残されていると思います。

電気

電気の自由化の議論にかかわることになりました。現在、全体の三分の一の「特別高圧」を利用する企業などは、どこから電気を買ってもいい状態になっています。たとえば、東洋大学は、東京電力からではなく、新発電事業者(PPSといいます)や、関西電力からでも電気を買えるのです。 こんどは、もう少し低圧の「高圧」を利用する企業(中小規模の工場など)も、自由化が進みます。その具体策を検討しています。なかなか、シビアな議論になっています。とりあえず、資源エネルギー庁の電力の部分自由化のホームページを紹介します。

イスラム

またまた、テロが起きました。それも、バリ島です。いままで、欧米が危ないというのでアジアに避難していた観光客が、もう行き先がなくなってきましたね。航空不況がより深刻化するのではないでしょうか? 私の個人的な研究会で、このイスラム問題を勉強してきましたが、数多い関連書のなかで松原の一押しは、『大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」』(講談社+α新書、池上彰著)。わかりやすく、バランスよくまとめられています。(このホームページで、推薦書コーナーを作らないといけませんねえ。でも、なかなか、これ、っといった本がないんですよねえ)

いやがらせ

以下のような文章が、ネット上に複数、掲載されました。 「東洋大学 松原聡 殿 貴殿の発表されている論文、著書においては 完全なる盗作と思われる。この件に関し、法的 措置も含め検討している。反論・抗議は直接 私にお願いする。☆☆大学 経済学部教授 ☆☆☆☆」 もちろん、☆☆の部分は、実名で、かつ私の知人です。その先生からイタズラなので、というお詫びの電話が入りました。その先生は大変恐縮しておられ、警察にも捜査依頼をなさったそうです。ついに私のところにも、こういうネット犯罪?が来た、ということですね。

官僚のサル知恵

特殊法人を長く研究してきたものとして,唖然とした官僚のサル知恵。 1.東京湾横断道路の赤字を,黒字の京葉道路に押し付けたこと。これには,びっくり。京葉道路とアクアラインには直接の関係はないわけですから。このお陰で京葉道路の無料化は,はるか先の話に・・・・ 2.同じような意味では,高速道路の「料金プール制」も。東名などの黒字で,地方の赤字確実?路線を作ろうというもの。 いずれも,黒字を国民に返す(無料化)などは一切考えずに,ともかくそれを食い尽くす,という魂胆がミエミエ。同時に,赤字の責任回避にもなるというわけです。 その同じ手法を,3空港一体民営化でまたやろうとしています。関空の赤字を,成田の黒字で補填しようという手法。本来,もっと安くできる成田の着陸料(世界最高として有名)を,関空にまわそうというものです。さらに,空港建設と運営を分離(上下分離)しようとしています。ひどい話です。さらに,この状況の中で,関空は二期工事を進め,そのうえ,中部国際空港まで建設中です。 道路の建設中止だけでなく,これらの空港建設もいったん凍結しないと,大変なことになりますよ。官僚のサル知恵に対抗すべく,「脱ダム宣言」ならぬ,「脱空港宣言」を出せる政治家はいないのでしょうか・・・。 (ちなみに,特殊法人の情報公開で,関空は対象になりたくなくて,大騒ぎしていました。しかし,私をはじめ,情報公開委員会では,断固,関空を情報公開の対象法人としました。もし,対象外としていたら,と思うと,ぞっとします。)

田中真紀子さん

私は目白在住なので,田中真紀子さんの目白邸は,比較的近所にあります。彼女が議員辞職した日,目白邸の前をタクシーで通ったんですが,数十台のマスコミのハイヤーと10台以上のテレビの放送車(パラボラアンテナを積んだ)が道を占拠していて大渋滞。辻元氏をはじめ,多くの議員が辞職していきました。振り替えれば,田中角栄氏らを含めて,多くの実力者が,法律違反やその疑いで議員を辞めていっています。 政治というのが,違法行為すれすれのところでしか行えないのか,と改めて考えさせられてしまいます。このあたりで,政治のあり方を根本から変えないと,日本の経済も社会もとんでもないことになってしまうかもしれません。田中真紀子さんの,「政治改革なき構造改革なし!」といった言葉が思い出されます。小泉総理にその思いを託していいのか,はたまた,小泉総理以外にその政治改革および構造改革を成し遂げる力のある政治家がいるのか・・・・。 私は,実は石原都知事にあまり期待を寄せられないでいます。それは,都庁の官僚システムを崩している,つまり東京との構造改革をきちんと進めているようにはとても思えないからです。東京から日本を変える,といいながら,どうも東京は変わっていないようです・・・。 なんか,いろんなことを考えさせられた真紀子辞任騒動でした.