AIIB(その1)

「AIIBの成功は、大蔵・財務のADB総裁独占にあり? 」

アジアに二つの国際銀行ができる。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)と、日米主導のアジア開発銀行(ADB)である。途上国の開発の金融支援が二元化することは、効率的にみて、好ましいことではない。なぜADBがあるのに、AIIBが作られたのか。そしてそのAIIBにアジアのほとんどの国と、世界の主要国の57カ国もの国々が集まった。それはなぜなのか。
AIIBの成功を、中国の外交戦略の前に日本外交が敗北したとかも言われている。しかし私は、この成功の原因は、日本の財務省のADBへの関わりへの世界の批判があったとみている。
ADBは、日本の旧大蔵省の主導で、1966年に発足した。本部こそマニラにあるものの、以下に示すように歴代総裁はすべて日本人である。

渡辺武                                   1966年11月 – 1972年11月
井上四郎                              1972年11月 – 1976年11月
吉田太郎一                         1976年11月 – 1981年11月
藤岡眞佐夫                         1981年11月 – 1989年11月
垂水公正                              1989年11月 – 1993年11月
佐藤光夫                              1993年11月 – 1999年1月
千野忠男                              1999年 1月 –   2005年2月
黒田東彦                               2005年 2月 –  2013年3月
中尾武彦                               2013年 4月 –

現日銀総裁の黒田東彦氏の名前が見られるように、彼らはみな大蔵・財務の出身者であり、NO2の地位である「財務官」出身者である。国際機関であるADBが実は、財務省の天下り先となっているのである。(to be continued)