『電子書籍アクセシビリティの研究』のアクセシビリティ

2,017年1月に、松原聡編著『電子書籍アクセシビリティの研究』(東洋大学出版会)を公刊しました。
「この本自体が、電子書籍読み上げ機能の実験体です」
「出版段階から、一冊まるごと極力誤読を少なくして音声読み上げすることを前提に作られた初めての書籍です」(下記リンク参照)。
アクセシビリティ実験体

1月30日に開催された公刊記念シンポのようすは、こちら、、
公刊記念シンポジウム