令和に思う

2019年5月1日(令和元年5月1日)

T先生、

  令和は、予報よりは若干いい、曇りで始まりました。令和、いい響きでぼくは気に入っています。ぼくは、令和の発案者と言われている中西進氏のこの問い『・・「令(うるわ)しく平和に生きる日本人の原点です」というメッセージを送りましたね。なぜ、「平和」という2文字を選んだのですか。』に対する答えが印象に残っています。「終戦から約70年、日本人は自国の軍国化を何とか防ぎ、おかげで平和が保たれてきました。しかしいま、難しい局面が立ち現れています・・でもそこには決して越えてはいけない線、聖なる一線があるのだと僕は訴えたかったのです。軍国化をしてはいけないという一線です」(朝日新聞4月20日朝刊

    第二次世界対戦後、冷戦を経て民族対立、国際テロなどの多極的な国際対立が深まり、世界平和の維持は複雑な連立方程式の中でしか解けない状況になっています。そのために日本が果たす役割が何なのかが問われています。この役割の発揮なしには、令和時代の日本自身の平和も維持されないのではないでしょうか。

T先生、

  平和は、私たちの生活の安定を意味しているとすると、地震などの災害や、もしかすると激しく進む少子高齢化や人口減少も、平和を脅かすものかもしれません。振り返ってみると、過去には経済危機などの生活の不安定が引き起こした戦争も少なからずありました。

  昭和から平成への改元は、昭和天皇のご病状の報道とご薨去の中で行われました。平成から令和へは、平成天皇がご夫婦でお元気な中での改元であり、歴史の中で繰り返されてきた人心を新たにしてきた改元を彷彿させます。

  ここで思い起こすのが、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という憲法の前文です。平和の維持には、恐怖だけではなく、欠乏からも免れることを必要とすることが明示されています。私たちは、世界平和維持のためには、国際関係の安定のために積極的な役割を果たすとともに、日本の、そして世界の経済の安定のための努力も惜しんではならない、ということだと思います。

T先生、

 令和への改元で、今、国民の心が一つにまとまりつつあるように見受けられます。この機会に、オリンピック、パラリンピックを直前に控え、これからの真の意味での平和の時代作りに、「国際社会において、名誉ある地位を占め」るための努力がもとめられているのでしょう。その時に、教育の果たす役割も大きいと思います。

   改元の朝に、つらつらと考えたことを書き留めてみました、、、

   連休の残り、ゆっくりとお過ごしください。

➡️TOPhttp://satorum.net/