Profile

松原聡(まつばらさとる)

東洋大学経済学部教授、博士(経済学)

略歴

1954年、東京生まれ。筑波大学大学院修了。1996年より東洋大学教授。 経済政策,とりわけ民営化,規制緩和を専門にしながら,朝まで生テレビ、サンデープロジェクト(テレビ朝日系)などマスコミなどで積極的に発言。 郵政改革(小泉内閣・郵政懇談会委員、通信放送改革(竹中大臣・通信放送懇談会座長)などで政府委員を務めてきた。また、郵便事業株式会社取締役、日本公共政策学会会長、日本経済政策学会副会長を歴任。

現在、国際公共経済学会事務局長、学会連携・震災対応プロジェクト代表呼びかけ人,(株)シンシア取締役。NPO法人マニフェスト評価機構理事長など。

主著に「人口減少時代の政策科学」(岩波書店)、「民営化と規制緩和」(日本評論社)など。1991年に国際公共経済学会賞,公益事業学会奨励賞、2005年に尾上賞を受賞。

経歴・役職等

【経歴】

1954年11月生まれ
1979年3月、桐朋中・高を経て、筑波大学卒業
1984年3月、筑波大学大学院修了
1984年4月、東海大学政治経済学部助手
1986年4月、東海大学文明研究所専任講師
1994年4月、東洋大学経済学部助教授
1996年4月、東洋大学経済学部教授
2015年4月、東洋大学副学長(現在に至る)

【役職】
国際公共経済学会理事・事務局長
(株)シンシア取締役
NPO法人マニフェスト評価機構理事長

【審議会等】

「郵政事業懇談会」(小泉内閣)委員(2001年から2002年)
「通信放送懇談会」(竹中総務大臣)座長(2006年)
「水道事業在り方懇談会」(神奈川県)座長(2006年から2007年)
「郵政公社関連法人見直し委員会」(郵政公社)座長(2007年)
「独立行政法人見直し委員会」(厚労省)委員(2010年)

講演テーマ、著書

【講演テーマ例】

「日本経済の展望」
「経済活性化の切り札を探る」
「地域社会をどう作るか」
「IT革命と日本経済」
「少子化と日本経済」
「政経談義、うらおもて」

【主な著書】
『図解雑学・日本経済のしくみ』(ナツメ社)
『人口減少時代の政策科学』(岩波書店)=尾上賞受賞
『民営化と規制緩和』(日本評論社)=国際公共経済学会賞、公益事業学会奨励賞受賞
『既得権の構造』(PHP新書)
『IT革命が見る見るわかる』(サンマーク出版)
『90ページでもわかる日本経済』(サンマーク出版)
他、多数

satorum11