「森本毅郎スタンバイ」カテゴリーアーカイブ

森本毅郎スタンバイ:キャッシュアウト

ネット専業の「ジャパンネット銀行」の免許が交付されました。店舗を持たずに営業。CDなどは筆頭株主のさくら銀行のものを使います。金利が高く,振込み等の手数料も安くなる見込み。

こういったネット銀行が,CDを借りなくてもすむ仕組みが。デビットカードを使って,買い物のついでにお金を引き出せるようになりそうです。2000円の買い物をして,1万円を口座から引きおろしてもらう。そのかわりに,2000円の品物と,8000円の現金を受け取るのです。これで,数万円のお金なら,CD不要に。
銀行も,IT革命の中で役割りが変わりつつあるようです。
(言い残しコーナー。2週間ぶりの登場。ちょっと懐かしかったです。)

森本毅郎スタンバイ:電力値下げ

電力の小売自由化が,今年の3月に実施。通産省の電気が競争入札に。応札したのが,東京電力,東北電力,ダイアモンドパワーの3社。落札は,ダイヤモンドパワー。落札価格は,従来の4%安。

この恩恵を受けられるのは,特別高圧を使う,全体の3割の大需要家。一般家庭に恩恵はないか,というと,この10月から5%ほどの値下げ。これは,自由化のおこぼれ。
(言い残しコーナー。放送の導入部に,「官報」を取り上げました。リスナーの方から,掲示板にコメントが。官報がインターネットに載らないのはおかしい,と。たしかにそのとおりですね。その方が教えてくれた,試験的なホームページのURLは,http://kanpou.pb-mof.go.jp/ です。覗いて見て下さい。)

森本毅郎スタンバイ:レジ袋課税を考える

東京都杉並区が,レジ袋への課税を検討。スーパーやコンビニの袋に課税し,税収を期待するとともに,袋の使用を抑えようというもの。

自治体の独自課税は,話題を呼んだ東京との銀行税をはじめ,核燃料税などが。四月から法改正されて,導入が簡単になった。風俗店への課税など,新税が目白押し。本当にこれでいいのか,ちょっと疑問。

森本毅郎スタンバイ:キセル

私鉄の共通乗車カードが出揃ってきた。関西は,スルッと関西,福岡がよかネットカード,関東がパスネット(放送ではパスカードと話してしまいました。ごめんなさい!)と。こういった共通カードは自動改札だからできる。その自動改札,キセル退治に威力。たとえば,定期券。改札で入った情報がないと,出られない。キセルのひとつの方法が,一番安い切符を買って,中抜けで,定期券で出る,というもの。その場合,その定期券は改札を通ってはいったものではないので,自動改札で出ることができなくなる。

こういったシステムで,キセルが3ぶんの1になったところも・・。
しかし,新幹線の自動改札,このキセルチェックが甘くなっている。問題ではありませんか?ちなみに,キセルが見つかって,いままで鉄道会社に請求された最高金額が1500万円。さらに,罰金刑に。キセルをやってはいけないのは当たり前だけど,最新鋭の自動改札でそのチェックが甘くなる,というのはどういうこと???

森本毅郎スタンバイ:ドットコム

タケロウさんと一緒に,ドットコムを取得。松原は,satorum.com タケロウさんは,takero.com 。

ホームページは,いまや企業戦略の顔。そのURLは,簡単で覚えやすいものが良いに決まっている。日本だと,普通,co.jp とか,ne.jp などになってしまうが,.com もじつは取得できる。その方法は,このホームページのトップにリンクを張ってあります。
この他,ツボリという国の,.tv や,トンガの .to なんかがユニークなものとして,人気。

ちなみに,.com は英語の普通名詞や,人名,地名などはすべて押さえられているそうです。takero なんかが残っていたのはうらやましい。

(言い残しコーナー)遠藤泰子さんがなんと,今日の放送後,ドットコムを取得。yasukono.com だそうです。かわいい!

森本毅郎スタンバイ:電子署名

アメリカで電子署名法案が成立,10月から施行。日本でも来年4月から施行。これで,いままで印鑑がなければ有効でなかった契約などが,インターネット上でできることに。

具体的には,送り手が文書を暗号化。受け手にその暗号化した文書と,それを解くカギをつけておくる。受けては,そのカギで文書が読めるようになれば,本人が出したものと判定できる。
その暗号化のカギは,一定の資格をもった第三者機関などが管理。そこが出したカギが,本人証明となる。
これによって,インターネット上での取り引きがさらに進むし,住民票の受け取りなどとお役所の業務も,インターネットで処理できることになります。
さらに,インターネットが便利になります。

森本毅郎スタンバイ:報告2件

1.山形新幹線。昨年12月,山形新幹線が山形から新庄まで延伸。その際,3000人程度の利用がないと,赤字に。このため,地元自治体は駅に駐車場を作ったり,各種割引制度を導入したりの努力を。

開業当初は,3000人を確保。問題は,もの珍しさが薄れた半年後。
先週,山形新幹線の延伸部の「さくらんぼ東根」に行ってきました。山形から先もちゃんと乗客が。JRで調べたところ,半年を経過しても,3000人を確保。順調との事。
一安心です。

2.公務員研修。新人一種合格公務員の研修に行ってきました。7時間拘束。でも,おもしろい議論を聞けました。驚いたのは,採用3ヶ月の新人君たちが,自分の所属官庁への帰属意識が非常に高いこと。思わず,省益にとらわれずに,天下国家を考えてください,といってしまいました。

森本毅郎スタンバイ:国立大学独立行政法人化

国立大学を,独立行政法人化(国立と私立の中間)の方針を文部省が決めた。3月9日の朝日新聞。2500人の独立行政法人化に反対する大学人の意見広告が。

独立行政法人になると,じっくり研究できない,と。では,私立大学はどうするのか?
「学びたい人が,希望にあふれる未来をめざして,ともに自由に学ぶ大学」であるためには,国立でなければならないそうです。全学生の7割以上を占める私立大学はどうでもいいのでしょうか?
全学生の3割以下の国立大学さえよければ,それでいいのでしょうか?この意見広告,たんなる公務員の既得権保持のためとみるべきでしょう。
国立大学の中にも,より大学運営に自主性が高まるとみて,この独立行政法人化に賛成する意見も多くある。
この,意見広告の2500人の方。なぜ,「独立行政法人化反対。私立大学にも助成金を増やす。国立も私立も含めて,日本の高等教育を充実させよう」。こういう展開ができないのでしょうか?

森本毅郎スタンバイ:プリペイドカード

SFカード。ストアードフェアカードの略。鉄道やバスのプリペイドカードで,切符を買うだけでなく,そのまま改札を通れるもの。

関西では,96年から「スルッとKANSAI」という私鉄各社共通カードが発行されている。関東でも,今年の10月から,私鉄17社プラス営団,都営地下鉄など,計20社の共通カードがスタート。
問題は,関西も関東も,JRが参加していないこと。独自カード路線優先で,共通カードという利用者の利便を無視した形に。
JRも,自社の利益の前に,利用者の利益を優先すべきである。