「音楽」カテゴリーアーカイブ

CCCD

エイベックスなどのレコード会社が出すCDが、コピーコントロールCD(CCCD)となっています。CDをパソコンのハードディスクに取り込むことができず、その結果、メモリ(ソニーのメモリスティックや、パナソニックなどのSD)に取り込むこともできなくなっています。 私は、いわゆるメモリに音源を取り込んで、ちいさなシリコンオーディオで音楽を楽しんでいたのですが、このCCCDの出現で、それができなくなっていました。最近では、浜崎あゆみさんやBOAのCDは、聞くことができませんでした。 ところが、我が、パナソニックのパソコン(let’s note)には、純正CDドライブ(外付け)を通して、なんの工夫をすることなく、ハードディスクに取り込めてしまいました。一体、何のためのコピーガードだったのでしょう?実は、これ以外にも、取り込み可能な機器を身近に発見。近いうちに続報します。

(ちょっと更新が遅れました。大学の公務に忙殺されたのがその理由です。)

コピーガード

最近、コピーガードのCDが散見されるようになりました。正直、時代錯誤!だと思います。CDから、MDやメモリに録音して聞くのが一般でしょう。パソコンも、CDからハードディスクにコピーして聞く、というのが一つのスタイルになっています。 しかし、コピーガードCDは、こういったコピーが一切できないのです。もう、音楽をCDだけで聴く時代じゃないのに、CDだけで聴けと強制していいものでしょうか?・・・・と怒っているのは、BoAと、hitomiのCDを買ってきてしまって、パソコンにコピーできずに大苦労したからです。私はもう、コピーガードCDは絶対に買いません。こういった消費者の態度がはっきりすれば、コピーガードCDはなくなっていくでしょう!!

シングルCD

今は,なんていうとオジンくさくなっちゃうけど,シングルCDってほとんどが普通のサイズになっていて,小さなCDはもうほとんどないんですね。私のパソコンのCDは,小さなサイズのCDには非対応。どうしても聞きたいCDがあって,パソコンのCDのトレイをみると,小さなサイズ用のくぼみ?を発見。松原が取った対応は,横置き禁止のパソコンを,横に倒して,小さなサイズのCDをトレイに置いてみると・・・。見事に再生できました!(ちなみに,小さなCDを,普通サイズのCDサイズにするアダプターのようなもの=すみません,下手な表現で=は,もう売ってないんですね。) ちなみに,どうしても聞きたかったのは,ミスチルがコンサートで歌っているという「独り言」という曲。これは「光の射すほうへ」のカップリング曲で,このシングルCDにしか収録されていないのです。 苦労の甲斐があって,確かに名曲でした。