「過去ログ」カテゴリーアーカイブ

2003年12月以前

小沢一郎

かつて、次々の側近が離れていって、唯我独尊、とも言われた小沢一郎氏。私は、「列島改造計画」以来、彼の政策には一目をおいてきました。今、もしかすると、ポスト小泉は小沢では、と思いはじめています。
なにしろびっくりしたのは、名にし負う「変人」の両田中(康夫氏、真紀子氏)を完全に引き付けているのですから・・。これは大変なことです。さらに、民主党内で安保、外交政策で反対の極にいるとおもわれた横路氏と握手。この3人をまとめあげるなんて、常識的にはありえないこと!!
民主党内での人気がほとんどない菅直人氏に代わって、民主党を纏め上げる可能性が大きくなってきたようにおもいます。官僚にも、自民党にも隠れ小沢ファンはいますから、政界再編がらみでも、小沢氏は力を発揮するはず。
そもそも、自民党に小泉氏に代わって、選挙の顔となるようなリーダーはいませんから。たとえば、小沢、菅、麻生(高村、平山、亀井??)といった顔ぶれが次期総理候補だとすると、小沢がダントツではないでしょうか?(12月18日)

酸素吸入
本の締め切りに追われていました。今、東洋大学の主任教授をやっていて、これがまさに激務。政府のほうは、「企画立案」と「実施」機能を分離しましたが、主任はこれが一緒。企画と雑用を同時にこなさなければなりません。この激務と、審議会やマスコミの仕事が重なると、とても「執筆」時間がないのです。
なんと、酸素吸入しながら、執筆していました。ようやく、脱稿。ほっと一息です。というと、かっこいいのですが、酸素吸入は、ナショナルが発売した家庭用酸素吸入器。なんか、これを使うとすっきりする気がします。(気のせいじゃない、とは言い切れないところがちょっと・・・)。(12月13日記)

朝まで生テレビ(その2)
自民党の山本一太さんは、大の小泉シンパ。彼と立ち話して、「僕もそうだけど、なんか小泉さんの応援団みたいでちょっとやだね」といったら、彼は「我々が応援しているのは、小泉ではなくて、構造改革だ」と言ってました。たしかに!!そう考えると気が楽になります。(10月5日記)

朝まで生テレビ
9月26日深夜(27日早朝)、朝まで生テレビに出演。久々の出演でした。山本議員や、原口議員など旧知のメンバーが多く、議論を楽しめました。私自身は、今の与野党の状況を見て、日本の改革を進められるのは小泉総理しかないと判断しています。郵政民営化に及び腰の民主党には、日本の改革は託せないと思っています。総理が国会で管民主党代表の質問に『民主党が自治労など官公労系の労組を主要支持団体の一つにしていることにも間接的に触れて「民主党には『官の構造改革』はできない」と決め付けた。』は、その通りだと思っています。
しかし、番組の中で、宮崎哲也氏が私に、「多少、ダメな民主党でも、それでも政権交代した方が改革が進むのではないか」との質問が投げかけられました。確かにそれも正論。ただ、結局のところ、ある程度官僚制度に依存しないと日本の政治は動かない。民主党が一気に官僚と対峙しても、混乱するだけでは、という疑念はぬぐえない、と考えています。(10月1日記)
安倍幹事長
小泉総理の、幹事長、金融・経済財政担当大臣の人事は、日本中に衝撃を与えた。小泉再選に走り回った、森前総理や森派の中川秀直氏らは、階段をはずされた思いだろう。彼らが約束した人事ではなかった。その中でも、衝撃は安倍幹事長。当選3回の若手を、自民党の事実上のトップに持ってきたわけだから。これで、完全に自民党の秩序は崩壊したといえよう。当選4回、5回の大臣を狙う議員たちのショックは計り知れない。
それにしても、安倍氏は「若い」と言われているが、実は私と同い年。私が11月生まれ、安倍さんは9月。自分もまだ若いんだなあ、と喜んでいる次第。ただし、これは超高齢社会の政界での基準ですね。一般社会では、間違いなく「いい年」です。(9月24日記)

景気
総裁選で、構造改革優先(財政出動しない)か、景気対策優先か(財政出動する)が論点になっています。その際、今の株価の回復状況を「本物」と見るか、「偽物」と見るかで、この論点の優劣が大きく変わります。もし、「本物」だとすると、小泉構造改革を進めていけば、痛みのあとに「回復」が来るちおうことになり、小泉有利に。逆に「偽物」だとすると、小泉改革では経済は混乱するばかり、ということで、亀井さんらが有利に。私は、ずっと「本物」派です。この下の項目にあるように、「反発」が強いですね。
テレビ東京の「株式クロージングベル」に出演し、この回復は本物と述べましたら、反発のメールをいただいちゃいました。景気の見方は難しいですね。でも、実体経済に回復の兆しあり、の見方は変わりません。(9月16日記)

エンド5秒
サンデープロジェクトに、番組終了後、出演者が5秒で感想や意見を述べるコーナーがあります。ここで、8月24日、「景気が回復した今、小泉さんを変える必要はほんとうにあるんでしょうか」と述べました。すると、このコメントを植草一秀さんが取り上げ、景気が回復していないのに「回復した」と述べることが「小泉政権があらゆる場面で駆使するレソリックだ」(夕刊フジ、8月28日)、と厳しく批判しています。そもそも、私は小泉政権の代弁者ではないので、私の発言と小泉政権とを絡ませる意味はまったくありません。
ただ、問題は今の経済を、回復基調とみるのか、崩壊寸前のままとみるのかは、議論の分かれるところです。私は、回復基調にあるとの見方を取っており、植草氏はそうではない、とみているわけです。ここは、これからの経済の動向で判断されるしかありません。(8月30日記)

マイブーム
いま、モーターボートに、はまっています。新しい趣味ができました!!これは、ヤマハSRVというレンタルボートで東京湾をクルージング中の写真です。(8月9日記)

ベッカム
豪雨の国立競技場でベッカムを見ました。ナマベッカムははじめて。プレイヤーとしても!!とてもカッコよく、感動でした。それよりも、国立の芝にびっくり。あれだけの雨量なのに、ボールが止まってしまうようなこともなく、ほぼ普段通りのプレーを見られました。陰のMVPは国立の芝かもしれません。(8月7日記)

アンチ巨人その2
何でだろう?というのがはやりましたが、私の疑問。なんで、巨人vs阪神なの???読売vs阪神でしょう!!!! マスコミは、特に読売嫌いの朝日新聞あたりから、「読売・阪神戦、読売の大敗」なんて見出しをつけるべきでは?
いうまでもありませんが、巨人以外は11球団、すべてスポンサー名ですよね。オリックスにせよ、西武にせよ・・・。もちろん、ジャイアンツ・タイガース、ならいいんですよ。(8月3日記)

再掲・昨年9月6日付けの本欄のコメントです
昨年9月、郵政懇談会最終報告とりまとめ時にだした私のコメントです。ここで「最短」としたコースに小泉総理が挑もうとしています。これをやり遂げられるのは、与野党含めて、小泉さんしかいないでしょう。総裁選と総選挙を絡ませながら、郵政改革を成し遂げようとしている小泉総理の闘い、ぜひ応援したいと思っています!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

緊急コメント「郵政懇談会」最終報告と今後
郵政懇談会が,9月6日,最終報告をまとめました。民営化の3類型を並列したため,迫力不足は否めません。ただ,郵政公社が作られることが決まっており,その公社設立後の検討ですから,報告をすぐ具体化しようがない状態にありました。このため,そもそもひとつの民営化案を作っても,すぐにそれが具体化することはありえなかったのです。
私は,今後の民営化のスケジュールは最短でも,以下のようにならざるを得ないと思います。

2003年4月 郵政公社発足
4年6月 公社一年目の経営状況がまとまる
この経営状況をみながら,郵政民営化の検討開始(「民営化検討委員会」)
5年1月 委員会が報告取りまとめ(検討開始後,半年を目途)
10月 臨時国会に法案提出・法案成立(法案施行に,1年半)
7年3月 郵政公社第一次の中期経営計画終了・公社総裁任期終了
4月 郵政株式会社発足

この案は,公社設立後1年で,民営化の検討開始という,相当厳しいスケジュールです。また,郵政公社の場合,2002年7月末に法律が成立して,2003年4月,つまり8ヶ月の準備期間で公社発足です。これは,郵政事業庁で2年間,公社への準備をしていますから,8ヶ月でもなんとか公社発足が可能です。しかし,民営化となると,株式会社化,事業分割,地域分割などの作業が必要となり,とても8ヶ月では無理。常識的には2年は準備が必要でしょう。そうなると,私の案では,1年半程度しか準備期間がなく,そうとうタイトなスケジュールです。
それでも,2007年度民営化がギリギリです。ということは,あと5年間は,現在の郵政事業を国営で行う,という枠組みが維持されるということです。たとえば,公的金融の仕組みも現在のまま,ということになります。360兆円の公的金融をあと5年も抱えて,日本の金融再生はありえるのでしょうか?
ちなみに,法案提出が2006年の通常国会,発足までの準備に2年以上かけるとなると,スケジュールは以下のようになります。

2006年6月 法案成立
9年4月 郵政株式会社発足

まあ,こうなると「日本沈没」ですね!

しかし,懇談会では,一回目の中期経営計画まではしっかりと,郵政公社の経営を見極めようという意見も強かったのです。中期経営計画は4年ですから,2007年3月に終わります。となると,

2007年6月ごろから検討開始
08年6月ごろ法案成立
11年4月 郵政株式会社発足

となります。真剣にこのスケジュールを主張する委員が複数いました。これだけ変化が激しい時代に,9年後の「改革」を言っても,何の意味もありませんね。それなら,「当面,国営公社維持」といったほうが,よほど誠実だと思いました。
郵政民営化は,最短で2007年,普通にいっても2009年,へたすると,2011年以降,こんなことになってしまいました。( 2002年9月10日記)

ーーーーーーーーーーーーーー

阪神タイガーズ
私は、ブームに乗るにわか阪神ファンではありませんが、アンチ巨人ではありました。金にものをいわせて選手をかき集める手法自体が気にくわないし(レアルには反発しないのは自己矛盾ですね)、オーナーのプロ野球を我がもののように考えている発想も大嫌い。
というわけで、今年の阪神には快哉を叫んでいます。阪神と巨人と比べて、テレビで見ていると、ネット裏の動きが全然違うんですよね。甲子園だと、ネット裏のほとんど全員が、メガホンをもって手拍子している。一方、東京ドームは、偉そうな、いかにも接待できたという人たちが、応援もしないでつまらなそうに見ている。
やっぱり、いいなあ、阪神。やっぱり、嫌いだなあ、巨人!(7月30日記)

景気
6日サンデープロジェクトで、株価についてコメントしました。私の株価観は
①10000円を切る株価は、歴史的に見ても、国際比較しても安すぎる
②企業の収益の回復度合いは高い
問題は、それにもかかわらず、なぜ株価が低迷していたか、ですが
③銀行等の経営破綻への不安
④欧米経済のデフレ懸念
⑤SARSやイラク戦争
といった、不安要因によっていた、と考えられます。

その不安要因が
⑥りそなの処理で、政府は銀行を破綻させず、かつ、経営責任は追及しても、株主責任は不問にしたこと
⑦アメリカ経済が
1 政府の強力なデフレ対策が出揃ったこと
2 イラク戦争が早期に終結したこと
で、回復基調であること
⑧SARSの終結
でいずれも、解消されたと見られます。

そこで、いわば天井がはずされた形で、株価上昇局面に入ったと見ています。

今後、株価上昇の懸念には
⑨国債価格の下落(長期金利の上昇)
⑩消費低迷の回復の兆しが見えないこと
などがあげられます。

しかし、本格的な株価上昇に結びつく景気の回復は、まだだとしても、ある程度の水準(15000円ほど)までの株価上昇力はある、と見ていいと思います。

いくつか挙げた株価の下落要因でもっとも大きいのが、銀行経営への不安だったと思います。また、その銀行にたいする政府の処置方針がなかなか見えなかった点でしょう。いくつかシナリオはあり得たと思います。
⑪破綻させて、ペイオフ
⑫今回の措置(破綻前公的資金注入、株主責任不問)
⑬決算不透明なまま、処理先送り
といった中で、②が取られたことが、市場から評価されたと見るべきです。この⑪と⑫が「改革路線」、⑬が守旧路線ですから、今回の株価上昇は、改革路線の成果、と見ていいのではないでしょうか?
(7月6日記)

タクシー
自家用車を持っていないため、普段、タクシーをよく使います。昨日、はじめての経験。「クルマの調子が悪いので、乗り換えてください」と。なんか、車室にへんなにおいがしていたような気もします。初乗り分の料金でしたが、ただ。降りて、次のタクシーを待っている間、運転手さんはボンネットを開けて、エンジンを点検していました。
このほか、ねずみ取りに運転手さんがひっかかったこと、一回。渋滞中に、コツンと前のクルマにぶつかったこと、一回。居眠り運転一回(途中で降りました!)。(7月2日記)

田中康夫知事
サンデープロジェクト(6月22日)で、田中知事と一緒でした。実は前回の彼の出演の時も一緒でした。そのときに、町村合併を巡って衝突。かれは、合併否定派。私は促進派ですから。控え室でも、彼の方から議論をふっかけられたほどです。
この点の対立は今も解けていないのですが、知事再選後の彼はいいですね。エキセントリックなところがなくなり、正論でグイグイ押していく、またそれを県民=市民が支持している。
小泉さんももちろん「改革派」ですが、彼は自民党という桎梏を抱えているし、また市民派とは違いますね。自民党の老獪な政治家です。しかし、かれは一切組織をバックに持たない市民派知事。しかも、きちんと正論を通し、成果も上げている。たいしたものだと思います。
私は、日本のリーダーにふさわしい人になってきた、と思っています。そのうち、人気では小泉、石原さんたちを抜くんじゃないかな。(6月23日記)

早い!!(その1)
私のコンピュータは、パナソニックのレッツノート。ネットで購入したものです。それが、故障(私の操作ミスも多分にあるかも・・)。そこで、修理依頼。
驚いたのは、そのスピード。自宅に宅配便業者が来たのが金曜日夜。直って戻ってきたのが、日曜日朝。40時間ほどではないでしょうか。それも、修理地は関西の工場。びっくりです。(ちなみに、このサービスはネット購入者のみが対象のようです。)(6月4日記)

2003年6月以前のログ

マイブーム

真鶴に、格安で部屋を借りました。ちょっとした別荘気分。松原のマイブームは「真鶴」。そのせいもあって、ホームページの更新が遅れてしまいました。ごめんなさい。(5月10日記)

衆議院テレビ
4月16日、国会に参考人で行ってきました。驚いたのは、審議内容がすべてインターネットで見られることになっていたことです。恥ずかしながら、私は知りませんでした。次のリンクから、「ビデオライブラリ」→「4月16日」→「国土交通委員会」 を選んでください。そこで、私の発言が見られます。内容などについては、追って・・。衆議院テレビ

名門研究会
今は、活動休止中ですが、99年に発足した超党派国会議員の研究会があります。「郵政民営化研究会」です。会長は、小泉純一郎、事務局長は松沢成文、メンバーに、中田宏、堂本暁子ら。私がチューターを務めました。このメンバーのうちで、小泉会長は総理大臣、中田宏は横浜市長、堂本暁子は千葉県知事、そして今回の地方選挙で松沢成文が神奈川県知事。
研究会当時は、誰もがこんな要職につくとは思っていませんでした。国会のタブーである郵政民営化を主張する「変人」が集まった研究会と白い目で見られたものでした。
そういった既得権と戦う気力を持った政治家が、小泉総理をのぞいては国政の場では活躍できていませんが、有力地方自治体の首長として、活躍を始めています。何かここに、日本の新しい政治の夜明けを感じています。まずは、松沢県知事誕生、おめでとう!そして、あらためて、この名門研究会のパワーにびっくりです。松沢さんに、「会長は総理大臣、堂本さんは県知事、中田さんは市長、事務局長のあなたはどうするの?」なんて話をしていたんですが、神奈川県知事、で答えがでましたね。(4月15日記)

松原ゼミ
東洋大学での私のゼミの紹介が、大学のホームページに載っています。じつは、私の知らないところでこの取材は行われました・・・。東洋大学経済学部ホームページ (4月14日記)

サンプロ
竹中大臣に対して、①現在の不況は、構造改革がうまく進んでいるが、その途中だからまだ成果が出ないのか、②構造改革が、守旧派の抵抗で中途半端だから、改革の成果が出ずに不況なのか、どちらか、と質問しました。答えは、前者でした。もう少し時間があれば、それなら、いつ日本経済が成長路線に乗るのか?を聞きたかったのですが、残念です。
たとえば、政府は、「ペイオフ解禁」は延期(つまり、改革を後退させ)、一方で、「時価会計導入延期」はしない(つまり改革を進める)と言っています。どうも、政策の一貫性に欠ける、という印象はぬぐえません。
国民は、改革なき成長なし、との総理の言葉を信じていいのか大いに迷っていると思うのです。私は、改革を進めるだけでは、不況脱却はないのでは、と思い始めています。
このあたりを、もっとしっかりと政府は国民に説明する必要が出てきたのではないでしょうか。それほど、日本経済の落ち込みは深刻です。(4月7日記)

第六位
4月1日に日本郵政公社発足。朝、新装なったテレビ東京「株式オープニングベル」で郵政公社発足特集。夕方、TBSラジオ「アクセス」でもコメント。アクセスのニュースランキングでは、第六位。私のコメントは、「本来、トップになるべきニュース。何もかわらなそう、ということをリスナーはよくわかっている」でした。
国営、三事業一体では、何も変わらないのです!何も変わらないまま、生田総裁は、経営強化をうたっている。生田さん、あなたの「郵政民業圧迫論」はどこにいったのでしょう?????
「オープニングベル」での私のコメントは、「郵政事業改革の道は二つ。国営公社なら民業補完、経営強化なら民営化して民間とイコールフッティング。今、公社が取ろうとしているのは、国営のままの経営強化。これは、民業を圧迫し、マーケットを乱す最悪の道!!」でした。
(実は、先週からひどい歯痛に見舞われたり、その他の理由で、郵政公社関連の取材、ずいぶんお断りしてしまいました。テレビ3番組、ラジオ1番組、新聞1。ごめんなさい。)

またまた!
FOMAのP2102Vを、インターネットオークションでゲット。45000円でした。これはいい!渋めのレッドも気に入っていますし、SDメモリを使えるので、動画などもたっぷり記録できます。追って詳細レポートを。(3月29日記)

お薦め
田原総一朗さんの、「私たちの愛」(講談社)を読みました。田原さんと奥様節子さんの愛の物語かと思ったら、さにあらず!田原さんの歩んだ道が、二人の愛を軸に語られているんですね。田原さんの道は、まさに日本のマスコミ裏面史そのもの!
一種の「私小説」的であり、同時にマスコミや日本の戦後史を振り返られる、久々に感動した本でした。(3月16日記)

竹中大臣の現状認識
3月9日(月)のサンデープロジェクトで、私は竹中大臣に「8000円という株価の水準をどうみているか」と質問しました。これは、現状を危機だと見ていれば、当然その対策は思い切ったものになる。危機ではないとみていれば、たいした対策は行われない。こう考えたからです。かれの答えは、「株価を注視する必要がある」といったもので、危機感は感じられませんでした。これでは、まともな対策は出ようもありません。
私自身は、この株価は日本経済沈没への警鐘レベルにあるとみています。政策を総動員して危機回避に当たらないと大変なことになるのではないでしょうか。
とりあえず、「銀行持ち株株規制」、「不動産への減損会計」などの株価下落要因の政策の延期が必要だと思います。これで、政府の危機回避への意気込みが市場に伝わると思います。まずは、3月の決算前に、一定のシグナルを市場に送るべきです。その上で、今まで議論となってきた補正予算や日銀の不動産証券の買い入れなどの議論を国民的に行い、総合的な危機回避策を打ち出すべきです。
構造改革論者の私が、ここまで「妥協」しているわけです。それだけ、日本経済の危機は深刻だということです。(3月10日記)

「小泉首相が森喜朗以下」
週刊文春3月13日号に、上記のタイトルの記事が。その中で、私のインタビューが載っています。森前首相以下というタイトルは、さすがにそんなことはないと思いますが、私の発言自体は正確に掲載されています。まず、「郵政民営化の議論が最終的に頓挫したのは、小泉首相の責任だ、」です。もうひとつは、「小泉首相がやりたいことが、抵抗勢力のせいで実現できなくなっているのに、そのことを正直に国民に説明していない。言葉だけが勇ましい。」です。いずれも、私の本音です。
でも、このタイトルには違和感がぬぐえませんが・・・。(3月10日記)

FOMA続報
FOMAを1ヶ月ほど使用した結果報告です。電波に関しては、大幅に改善。都内で電波がとぎれることがほぼなくなりました。また、大分に行ってきたんですが、大分市、別府、空港と問題なしに繋がりました。動画を使いこなすまでにはいっていませんが、ようやく実用のレベルに達したとみていいと思います。動画を使いたい人には、お奨めですね。(2月28日記)

CCCD
エイベックスなどのレコード会社が出すCDが、コピーコントロールCD(CCCD)となっています。CDをパソコンのハードディスクに取り込むことができず、その結果、メモリ(ソニーのメモリスティックや、パナソニックなどのSD)に取り込むこともできなくなっています。
私は、いわゆるメモリに音源を取り込んで、ちいさなシリコンオーディオで音楽を楽しんでいたのですが、このCCCDの出現で、それができなくなっていました。最近では、浜崎あゆみさんやBOAのCDは、聞くことができませんでした。
ところが、我が、パナソニックのパソコン(let’s note)には、純正CDドライブ(外付け)を通して、なんの工夫をすることなく、ハードディスクに取り込めてしまいました。一体、何のためのコピーガードだったのでしょう?実は、これ以外にも、取り込み可能な機器を身近に発見。近いうちに続報します。(2月13日記)

(ちょっと更新が遅れました。大学の公務に忙殺されたのがその理由です。)

FOMA
FOMAの新機種をゲット。NEC製の,N2051です。これは,結構いいですね!電池の持ちもまあまあ,まだ地方には持っていっていませんが,電波もだいぶ密になってきました。
なにより驚いたのは,動画がスムーズできれいなこと。詳しくは,後ほど・・・。
唯一の不満は,写真を一般の携帯電話に送れないこと。送るためには,特別のアドレスに送り,本文の冒頭に送りたい相手のアドレスを書くという面倒くさい作業が必要。それも,説明書にはまったく説明なく,ドコモに電話してようやく判明した次第。FOMAは,まだ15万台ですから。FOMA同士で写真のやりとりをするなんてことはまありえない。15万台のFOMAの通信相手は,4000万台以上のMOVAのはず!!!!(1月27日記)

新年、明けましておめでとうございます!
年末に、生まれて初めて、インターネットのオークションに参加。
sharp の zaurus SLーC700 を競り落としました。
超品薄の人気機種を、64000円で落札。最後の10分ぐらいまで、値が上がり続けました。
ちなみに、店頭価格は、59800円。

セリのおもしろさも満喫。品物も無事到着。電子手帳初の「リナックス」搭載のこの機種も快調。ご機嫌で新年を迎えています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!!
(これが,私の今年の年賀メールです。年賀状をやめてから,三年目か四年目になります。小学校6年生の姪に出したら,以下のような返事がきました!

・・・何してんの・・・・
オークションなんか楽しいわけ??
定価より高くなるんだったら、もっとふつうの買ったらどうですかね。
わたくしには理解不可能ですた。
だそうです。正直,返す言葉がありませんでした。(*^_^*)。ちなみに,この写真は,携帯電話N504iSで撮ったもの。この携帯も,衝動買いだとはさすがに言えませんね)

逆鱗
19日のサンデープロジェクトで,田中長野県知事と一緒だったのですが,私の番組中の質問が彼の逆鱗?に触れたみたい・・・。私は,自治は住民に近いところが担うべき,と考えています。また,自治を担うためにはそれなりの自治体の規模が必要,と考えています。ですから,県は国と市町村の間にあって中途半端な存在で,最終的には県の権限をどんどん市町村に委譲すべきと考えています。
そこで,番組中に,「県の権限の市町村への分権」は考えていないのか,と質問したのですが・・。番組後の控え室で,「市町村合併や,市町村への分権はおかしい」と,結構マジに怒っていました(私が怒られていました)。(1月20日記)

流行語大賞
2001年の流行語大賞は「道栄えて国滅ぶ」でした(日経ビジネス誌の見出しです)。2002年は,悩んだ末に「丸投げ」。
小泉総理の政治手法を象徴的に表していますから。(1月5日記)

2002年12月以前

挑戦1

ようやく、仕事が一段落。いくつか、宿題だったことにチャレンジ。その第一が、インターネットオークション。ヤフーオークションに挑戦です。正直に言って、オドロキでした。競り自体がおもしろかったし(結構、熱くなりました!)、いろいろな安全策も、参加してみて初めて知りました。出品者の過去の評価などが、一覧できるんですね。たとえば、過去100件売って、相手の95人から高評価、5人から低評価、などが表示されます。また、買い手も、同じように売り手から評価されます。落札後、きちんと連絡が取れたか、入金があったか、などです。
初めての入札ですから、がんばって落札しました。ちなみに、ゲットしたのが、今、コンピュータ系の商品でもっとも入手困難といわれる、シャープZAURUSの、SL-C700。落札価格は64000円。57000円ぐらいから参加して、どんどんせり上がっていきました!明日(27日)に着くはずです。こちらの使用レポートも出しましょう。(12月26日記)

有馬記念
22日は、サンデープロジェクト出演後、有馬記念に行ってきました。大変な熱気にびっくり。結果は、ひとつも当たらず!でも、楽しんで帰ってきました。ファインモーションは、事前にちゃんと「女子高校生が、成人男子の中で走るようなもの」と言ってきて、「無理だ」と思っていました。でも、当日になると「夢」にかけてしまいました。(12月26日記)
→有馬記念の後の中山競馬場。はずれ馬券と競馬新聞が散乱しています。(N504iSで取りました。さすがdocomo携帯最高の30万画素、きれいにとれてますね!)

クーラー
20日(金)、沖縄に行って来ました。なんと、日帰り!沖縄は大好きな地なので、せめて一泊したかったんですが。この時期に訪れたのは、初めて。タクシーがクーラーを入れたのにはびっくり。25度ちかくあったのではないでしょうか?
二時間半で、気温差20度!!魅力的ですよね。
ほんの短い滞在でしたが、空港のお寿司屋さんで、泡盛一杯と、地の魚を堪能。それなりに満足して、東京に戻りました。(12月22日記)

神楽坂女声合唱団
12月19日(木)、赤坂プリンスホテルで、神楽坂女声合唱団のパーティに出席。コシノジュンコさんのお手配でした。動物愛護のチャリティパーティで、竹下景子さんや、福島瑞穂さんらがクリスマスソングなどを熱唱。いい雰囲気でした。でも、それを壊したのが、土井たか子さん。突然出てきて「反戦」の演説。思わず??????
ミサイル輸出国、北朝鮮を支援してきたご本人が、何の反省もなく「反戦」を唱えられる無神経さにびっくり。それも、動物愛護なら、会場の皆の合意も得られるでしょうが、土井さんの「反戦」など、会場はしらけるばかり。なんと、その演説に耐えられず、会場を抜け出した松原でした。(12月19日記)

あたった?!
下に「12月6日朝」に、「総理の意図に反して、一つの案にまとまる可能性」あり、と書きましたが、その通りになりました。この段階では、マスコミの大半が、両論併記、になるとの予想でしたから・・・。
総理は、この法律に基づいて設置された委員会の結論を、誠実に法律にする義務を負っています。それなのに、まったくその姿勢が見られないのには、唖然とするしかありません。なぜ、「政治生命を賭けて、この報告を誠実に実現します」と言えないのでしょうか?(12月10日記)

道路公団
ついに、今日(6日)が道路公団の結論が出る日です。今井委員長ら2委員の「建設推進派」と、猪瀬委員ら5委員の「建設抑制派」の激突です。郵政の懇談会委員をやった松原の経験からして、この混乱の原因は120%、小泉総理にありです。
郵政の場合、明確な結論が出て、郵政民営化の議論が加速されるのを恐れた総理が、「3案併記」の大前提をもうけていました。これを受けた田中座長は、一切、一本化の努力をしませんでした。道路の場合は、間違いなく今井委員長は、官邸筋から「建設推進」的な意見でのとりまとめの指示が出ていたと思います。
総理は、郵政でも道路でも、最終的に族議員と正面衝突することは避けようとしていると思います。正面衝突から、ハプニング的解散、というシナリオを避けようとしているのだと思います。最初から、本気でバトルする気はないのです。
今日、どういう結論が出るのか、わかりません。しかし、5人の「抑制派」が安易な妥協に走るとは思えません。総理の意図に反して、ひとつの案にまとまる可能性がまだ残されていると思います。(12月6日朝 記)

サンプロ
サンデープロジェクトで、国債発行派の亀井静香さんとちょっとしたバトルになりました。欧米の主要国は、政府等の借金の比率は、6割(対GDP)、日本は14割!!。
ということは、主要国並みになるためには、今700兆円の借金を、300兆円に減らさなければならない。こういった状況の中で、借金をどんどん増やせばいい、という亀井発言にはどうしても納得できませんでした。世界の常識だと、6割(日本の場合、300兆円)で、なんとか次の世代に負担を残さない水準となっています。700兆円をさらに増やして、次の世代には負担がいかない、とはどうしても考えられませんよね。(12月4日記)

中国グルメ情報
ペキンで、生まれて初めて「サソリ」を食べました。ワンフーチンの屋台でおいしそうだったので。食感は、小エビの唐揚げ。でも、独特の香辛料のような香りがありましたが、けっして悪くない。おいしかったです。
もうひとつ、本場の四川料理の麻婆豆腐。これは、辛かった。ほとんど、豆腐のラー油付け。これは、食べられなかった・・・。(11月26日記)
中国
10年ぶりぐらいに、中国・北京に行ってきました。ちょうど、共産党大会の最中でした。月並みですけど、北京市街のあまりの変貌ぶりにびっくり。走っているクルマを見ると、その国の経済レベルがわかるものですが、しっかりとした新車が街にあふれていました。
2008年のオリンピックまでは、間違いなくこのままの勢いでいくだろうな、が私の直感でした。2008年の日本は、どうなっているのでしょうか?

サンプロ
なんか、ひどい忙しさで更新が遅れました。ごめんなさい。7割が大学の公務、2割が電気の審議会ってとこでしょうか?
今日、11月10日(日)、サンプロに出演。石原都知事と初めてご一緒しました。スタジオで、「左利き」であることを発見。竹中大臣とは久々の同じスタジオでした。世間のバッシングにもめげることなく、しっかりとした戦う姿勢が感じられて、頼もしかった!
放送後の昼食では、石原都知事と一緒でした。なかなか魅力的な人ですね。人を引きつけるものがあります。それにしても、若々しくて、どこが「老いてこそ人生」なのか?といいたくもなりました。
(11月10日記)

電気
電気の自由化の議論にかかわることになりました。現在、全体の三分の一の「特別高圧」を利用する企業などは、どこから電気を買ってもいい状態になっています。たとえば、東洋大学は、東京電力からではなく、新発電事業者(PPSといいます)や、関西電力からでも電気を買えるのです。
こんどは、もう少し低圧の「高圧」を利用する企業(中小規模の工場など)も、自由化が進みます。その具体策を検討しています。なかなか、シビアな議論になっています。とりあえず、資源エネルギー庁の電力の部分自由化のホームページを紹介します。(10月25日)

イスラム
またまた、テロが起きました。それも、バリ島です。いままで、欧米が危ないというのでアジアに避難していた観光客が、もう行き先がなくなってきましたね。航空不況がより深刻化するのではないでしょうか?
私の個人的な研究会で、このイスラム問題を勉強してきましたが、数多い関連書のなかで松原の一押しは、『大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」』(講談社+α新書、池上彰著)。わかりやすく、バランスよくまとめられています。(このホームページで、推薦書コーナーを作らないといけませんねえ。でも、なかなか、これ、っといった本がないんですよねえ)(10月15日記)

怖い!
株価が、急落しています。なんか、日本経済が音を立てて崩れているような気までしてきました。私の20年ほどの経済政策の研究歴の中でも、こんな混乱は初めてです。その原因、対策などを一から考え直さなくてはいけないと思っています。国債30兆円枠は正しかったのか?景気刺激予算を取っていれば、いまの混乱は避けられたのか?等々です。
難しいのは、この日本の株安が、アメリカの株安に引きずられ、さらに世界同時株安が進行している点です。日本だけがんばっても、どうしようもない状況です。しかし、先進主要国の中で一番経済が痛んでいるのが日本ですから、この世界同時株安の影響は、日本が一番強く受けてしまいます・・・・・。
今週号のSPAの、「経済政策、まず何をやればいいんだ?」は、まさに小泉内閣自身が迷っていることのような気がします。(10月9日記)

ドッドコム
松原のドメインは、satorum.com です。この登録サービス会社は、何回か漂流したあげく、ヴェリサイン社 になりました。ここが、10月1日から、新規ドメインネームの登録を開始しました。興味のある方は覗いてみたらどうでしょう。お好きなドメインを入れると、瞬時に登録可能かどうかが無料で判定されます。ちなみに、satoru.net なんてトライしてみましたが、ダメでした。もちろん、satoru.com もダメ・・・。(10月1日記)

新潟競馬場
土曜日、新潟競馬場に行って来ました。一度、日本初の1000メートルの直線を見たかったので・・・。最終レースが、この1000メートル。18頭フルゲートで、遙か彼方から走ってくる姿には感動しました。ゴール前の埒のそばの一番いい場所で見ることができました!!ちなみに、このレースは惜しくもはずしたんですが、まあまあの成績でした。(9月29日記)

いやがらせ
以下のような文章が、ネット上に複数、掲載されました。
「東洋大学 松原聡 殿 貴殿の発表されている論文、著書においては 完全なる盗作と思われる。この件に関し、法的 措置も含め検討している。反論・抗議は直接 私にお願いする。☆☆大学 経済学部教授 ☆☆☆☆」
もちろん、☆☆の部分は、実名で、かつ私の知人です。その先生からイタズラなので、というお詫びの電話が入りました。その先生は大変恐縮しておられ、警察にも捜査依頼をなさったそうです。ついに私のところにも、こういうネット犯罪?が来た、ということですね。(9月21日記)

日銀
日銀が、銀行の事業会社持ち株の買い取りを決めました。あまりに唐突な政策にびっくりです。銀行の株買い取りのためには、「銀行等保有株式取得機構」が設置されています。発足したばかりのこの制度は、銀行が株をここに売却する際に8%の負担金を納付しなければならず、また、こんどはその株を、取得機構が市場で売却するまでは、銀行側にリスク債権として計算されてしまいます。こんな制度のため、銀行側はほとんどこの取得機構を利用しない状況です。
まず、実際に利用されない(しにくい)制度を作ったことへの反省が必要です。(反省すべきは、政府と国会ですね)。その上で、きちんと利用されるように、この制度を改善すべきです。
その反省や改善の作業を怠って、日銀が株を買う、というのは納得できません。そもそも、中央銀行が一般事業会社の株を持つ、ということ自体が、本来はありえない行為ですし。
巷間では、デフレ対策に「日銀が不動産を買い占めよ」という議論がありました。私はありえない「暴論」だと思っていましたが、株の次は土地かもしれません。なんか、なんでもアリの日本になってしまいましたね。表面的には、国の借金は増えませんが、そのかわりに、国民は日銀の経営悪化のリスクを負うわけです。日銀の経営悪化とは、通貨価値の下落、つまりインフレと円安を意味しています。それはそのまま、国民の財産の目減りを意味するわけです。
今回の日銀の判断は、経済学の教科書を書き換えなければならないほどの、常識からはずれた「禁じ手」ということだと思います。それにしては、政府の判断などが明確に伝わってきません。総理はしっかりと説明する義務がありますね。(9月21日記)

コピーガード
最近、コピーガードのCDが散見されるようになりました。正直、時代錯誤!だと思います。CDから、MDやメモリに録音して聞くのが一般でしょう。パソコンも、CDからハードディスクにコピーして聞く、というのが一つのスタイルになっています。
しかし、コピーガードCDは、こういったコピーが一切できないのです。もう、音楽をCDだけで聴く時代じゃないのに、CDだけで聴けと強制していいものでしょうか?・・・・と怒っているのは、BoAと、hitomiのCDを買ってきてしまって、パソコンにコピーできずに大苦労したからです。私はもう、コピーガードCDは絶対に買いません。こういった消費者の態度がはっきりすれば、コピーガードCDはなくなっていくでしょう!!(9月15日記)

緊急コメント「郵政懇談会」最終報告と今後
郵政懇談会が,9月6日,最終報告をまとめました。民営化の3類型を並列したため,迫力不足は否めません。ただ,郵政公社が作られることが決まっており,その公社設立後の検討ですから,報告をすぐ具体化しようがない状態にありました。このため,そもそもひとつの民営化案を作っても,すぐにそれが具体化することはありえなかったのです。
私は,今後の民営化のスケジュールは最短でも,以下のようにならざるを得ないと思います。

2003年4月 郵政公社発足
4年6月 公社一年目の経営状況がまとまる
この経営状況をみながら,郵政民営化の検討開始(「民営化検討委員会」)
5年1月 委員会が報告取りまとめ(検討開始後,半年を目途)
10月 臨時国会に法案提出・法案成立(法案施行に,1年半)
7年3月 郵政公社第一次の中期経営計画終了・公社総裁任期終了
4月 郵政株式会社発足

この案は,公社設立後1年で,民営化の検討開始という,相当厳しいスケジュールです。また,郵政公社の場合,2002年7月末に法律が成立して,2003年4月,つまり8ヶ月の準備期間で公社発足です。これは,郵政事業庁で2年間,公社への準備をしていますから,8ヶ月でもなんとか公社発足が可能です。しかし,民営化となると,株式会社化,事業分割,地域分割などの作業が必要となり,とても8ヶ月では無理。常識的には2年は準備が必要でしょう。そうなると,私の案では,1年半程度しか準備期間がなく,そうとうタイトなスケジュールです。
それでも,2007年度民営化がギリギリです。ということは,あと5年間は,現在の郵政事業を国営で行う,という枠組みが維持されるということです。たとえば,公的金融の仕組みも現在のまま,ということになります。360兆円の公的金融をあと5年も抱えて,日本の金融再生はありえるのでしょうか?
ちなみに,法案提出が2006年の通常国会,発足までの準備に2年以上かけるとなると,スケジュールは以下のようになります。

2006年6月 法案成立
9年4月 郵政株式会社発足

まあ,こうなると「日本沈没」ですね!

しかし,懇談会では,一回目の中期経営計画まではしっかりと,郵政公社の経営を見極めようという意見も強かったのです。中期経営計画は4年ですから,2007年3月に終わります。となると,

2007年6月ごろから検討開始
08年6月ごろ法案成立
11年4月 郵政株式会社発足

となります。真剣にこのスケジュールを主張する委員が複数いました。これだけ変化が激しい時代に,9年後の「改革」を言っても,何の意味もありませんね。それなら,「当面,国営公社維持」といったほうが,よほど誠実だと思いました。
郵政民営化は,最短で2007年,普通にいっても2009年,へたすると,2011年以降,こんなことになってしまいました。(9月10日記)

怒っている?
9月6日(金),郵政懇談会の最終報告がまとまりました。そのコメントを,ニュースステーションで話しました。その内容は見ていないんですが,番組を見た多くの人から「怒っていた!」と。
本人としては,あまり怒った気ではなかったんですが・・・。当日は,東京は大雨警報。首相官邸におおきな水溜りがあって,靴の中まで水がはいって・・。また,テレビ朝日に向かうときに,ほんの少し外を歩いただけでびしょぬれ。それでちょっとゴキゲン斜めだったのが,「怒っている」ことになったのかもしれません。(ちなみに,テレビ朝日のスタッフは,タオルでスーツを拭いてくれてすごく親切だったんですが・・・)(9月8日記)

株価
今日,2時4分ごろ,株価が一時9000円を割り込みました。経済の緊急事態発生です。構造改革の根幹が崩されている,といわざるを得ない株価水準です。しかし,マスコミの反応が鈍いのに,びっくり。テレビでも特番を組むほどの事態だと思うんですが・・・。政府(官房長官)は「見守っていく」,塩川財務大臣は,「上がることもあれば,下がることも」といったコメント。
8000円台になり,さらに下がり続けた場合には,どういう対応をとるのか,そろそろ腹を固めないといけない時期だと思います。(9月4日記)

どこが引き継ぐか
郵政民営化の議論は,最終段階を迎えてきました。この報告で直接民営化の法案ができるわけではありませんので,この議論をどこが引き継いで,具体案の検討に入るのかが問題となります。私は,一番望ましいのが,道路公団のような「委員会」の設置,それが難しいのなら,「経済財政会議」で検討するべきだと思っていました。しかし,総理は「公社設立準備委員会」での議論の引継ぎを意図しているようです。
これには,私は反対です。「準備委員会」は,国営の公社設立のためのものであって,民営化の議論をする場ではないからです。片山総務大臣,さらに新公社総裁に内定している生田氏までもが,ここでの議論に疑問を呈しています。
郵政での小泉改革がとん挫しているのでは,という国民の疑念を払拭するためにも,総理はしっかりとした場で,郵政民営化の議論を継続すべきだと思います。(2002年9月1日記)

ごめんなさーい
10日間,更新できませんでした。この一週間で郵政の懇談会,勉強会が3回です。いずれも,2時間や3時間。大変でした。ところで,久々に正式な懇談会が再開。はじめて,新官邸に行きました。新しい建物,といってしまえば,それまでのような・・・。かつての古めかしい歴史を感じさせる旧官邸のほうが趣があったなあ・・・(8月30日記)

民主党
18日のサンデープロジェクトは,民主党党首選立候補表明者8名が勢ぞろい。しかし,壮観,というのには「どんぐりの背比べ」的に見えてしまったのは私だけでしょうか?鳩山党首への批判が「声が小さい」ではねえ・・・・。19日の菅さんの記者会見でも「党首討論が不得意」が,鳩山批判に使われていました。党首の声の大きさを云々するほど,民主党にはゆとりがあるのでしょうか?
自民党が,自らの体質を自己批判して「自民党をぶっつぶす」という小泉氏を党首(総裁)にしているわけですから,それに対抗するのは容易でないはず。8人の中に,民主党の小泉になれる人はいない,というのが私の感想です。
また,番組の中で,私は民主党の「労組依存体質」を批判しました。比例区当選者8人中,6人が労組の組織候補でした。これが民主党の体質を象徴していないか,と発言しました。それに対して,菅さんは「小選挙区をみれば,1割もいない」と反論していましたが,これはちょっといただけない反論です。小選挙区の大半の議員が,全逓などの支援を受けています。彼らは,全逓などの大労組に逆らえないのです。こういった実態を,国民はわかってしまっています。ここを,どう変えるのか,を示さない限り,民主党が国民の信頼を得ることはないように思います。
この点で,前原,松沢両氏は,はっきりとこの労組依存体質を批判していました。(8月20日記)

官僚のサル知恵
特殊法人を長く研究してきたものとして,唖然とした官僚のサル知恵。
1.東京湾横断道路の赤字を,黒字の京葉道路に押し付けたこと。これには,びっくり。京葉道路とアクアラインには直接の関係はないわけですから。このお陰で京葉道路の無料化は,はるか先の話に・・・・
2.同じような意味では,高速道路の「料金プール制」も。東名などの黒字で,地方の赤字確実?路線を作ろうというもの。
いずれも,黒字を国民に返す(無料化)などは一切考えずに,ともかくそれを食い尽くす,という魂胆がミエミエ。同時に,赤字の責任回避にもなるというわけです。
その同じ手法を,3空港一体民営化でまたやろうとしています。関空の赤字を,成田の黒字で補填しようという手法。本来,もっと安くできる成田の着陸料(世界最高として有名)を,関空にまわそうというものです。さらに,空港建設と運営を分離(上下分離)しようとしています。ひどい話です。さらに,この状況の中で,関空は二期工事を進め,そのうえ,中部国際空港まで建設中です。
道路の建設中止だけでなく,これらの空港建設もいったん凍結しないと,大変なことになりますよ。官僚のサル知恵に対抗すべく,「脱ダム宣言」ならぬ,「脱空港宣言」を出せる政治家はいないのでしょうか・・・。
(ちなみに,特殊法人の情報公開で,関空は対象になりたくなくて,大騒ぎしていました。しかし,私をはじめ,情報公開委員会では,断固,関空を情報公開の対象法人としました。もし,対象外としていたら,と思うと,ぞっとします。)(2002年8月13日記)
田中真紀子さん
私は目白在住なので,田中真紀子さんの目白邸は,比較的近所にあります。彼女が議員辞職した日,目白邸の前をタクシーで通ったんですが,数十台のマスコミのハイヤーと10台以上のテレビの放送車(パラボラアンテナを積んだ)が道を占拠していて大渋滞。辻元氏をはじめ,多くの議員が辞職していきました。振り替えれば,田中角栄氏らを含めて,多くの実力者が,法律違反やその疑いで議員を辞めていっています。
政治というのが,違法行為すれすれのところでしか行えないのか,と改めて考えさせられてしまいます。このあたりで,政治のあり方を根本から変えないと,日本の経済も社会もとんでもないことになってしまうかもしれません。田中真紀子さんの,「政治改革なき構造改革なし!」といった言葉が思い出されます。小泉総理にその思いを託していいのか,はたまた,小泉総理以外にその政治改革および構造改革を成し遂げる力のある政治家がいるのか・・・・。
私は,実は石原都知事にあまり期待を寄せられないでいます。それは,都庁の官僚システムを崩している,つまり東京との構造改革をきちんと進めているようにはとても思えないからです。東京から日本を変える,といいながら,どうも東京は変わっていないようです・・・。
なんか,いろんなことを考えさせられた真紀子辞任騒動でした。(8月11日記)

ばっかみたい!!
郵政懇談会の勉強会,ようやく内容公開(田中座長の記者会見)となりました。でも,相変わらず配布資料を回収,という無様なことを続けています。私は,自分の提出資料などは,自分の責任でこのページに公開していますが,配布資料を記者の方に渡したりしたことはなく,「仁義」は守っています。
しかし,間違いなく一回は,配布資料が記者に流れているんですね。それで「配布資料回収」となったわけです。今回から,勉強会内容の公開ということだったので,きちんとした公開を期待していましたが,やはりダメでした。残念ながら,懇談会の座長や事務局に,国民に対する情報公開とか,説明責任などの意識はほとんどないんですね。
今回も,資料回収,という話になりましたが,妙に資料が流出して私が疑われるのもシャクなので,「ばっかみたい」と思いながら,回収に応じました。(2002年8月6日記)

携帯電話
携帯電話と番号を変えました。番号を変えた理由は後ほど・・・。その携帯電話なんですが,N504iからP504iにしました。久々にNECからパナソニックに乗り換えました。ご存知のように,携帯電話は最近は折りたたみで先行したNECの独壇場。私も,ずっとNECでした。しかし,奢るなんとかは久しからず,で,パナソニックのP504iの使い勝手のよさにびっくり。504iシリーズでは,NECとパナソニックは,機能では完全に逆転したと思います。携帯のような世代交代の激しい製品でリードを保つというのはほんとうに難しいんですね。(ちなみに,パナソニックのいい点は,まずその薄さ,軽さ。ポケットに入れた時に格段の差がつきます。メールの一覧表示機能にも差が。また,私のように携帯でスケジュール管理する場合には,登録件数が倍の200件というのもうれしい・・・)(2002年8月3日記)

郵政懇談会
新聞報道によると,私が公開を強く要求していた「勉強会」が,公開されることになったそうです。当たり前の話ですが,いいことだと思います。7月29日(月)に予定されていた勉強会が急に中止になりどうなることかと思いましたら,こんどは,8月5日に急遽,開催が決まりました。ここで,座長私案が出され,相当突っ込んだ議論が展開されるはずです。
実は,その日には重要な日程が入っていましたが,仕方なく「欠席」して(私が委員長の会合です。大変な迷惑をメンバーにかけることになりました。7月30日に,8月5日の召集がかかるのですから,困ったものです・・),勉強会に出ることにしました。ここが正念場ですから。
また,勉強会が公開になりそうだ,ということですので,その勉強会に向けてすでに提出していた松原の意見書を事前公開することにしました。(7月31日記)

朝まで生テレビ
26日深夜,朝まで生テレビに久々に出演しました。小泉構造改革の採点で,私は総合点を65,と比較的甘い点数になりました。金子氏は,マイナス100点ですから・・・。ただ,大学の教員のくせで,ギリギリ合格は65点にするんです。60点未満は,不合格ですから。
私は,小泉内閣は,「合格」だと思っていますから。森内閣や橋本派内閣,あるいは野党の内閣ができていたら,いまよりはよほどひどい状態になっていたと思います。その意味で「合格」
逆に,厳しい点をつけていた人たちには,あなたたちが政権を取ったら,いま,株価は15000円だった,とか自信を持っていえるのかと問いたい気分でした。
番組終了後,簡単なパーティがあるんです。そこで激論を闘わせた相手とビールなどを飲みながら談笑して,徐々にお開きになっていきます。私は,結構神経が図太いタイプだと自認しているんですが,この番組の後だけは,眠りが浅いですね。深夜に3時間テンションを上げ続けると,そうは安眠できないものです。その意味で,金曜深夜にこの番組を司会して,日曜朝にまた,サンプロの司会をする田原さんの体力には脱帽ですね!(7月28日記)

事故発生
23日夜から,24日朝にかけて,ホームページおよびメールがダウンしました。松原は,satorum.com を取得して使っていますが,サーバーは,BIGLOBE を使っています。satorum.com へアクセスすると自動的にBIGLOBE上にある私のホームページに飛ぶようになっています。メールも同様です。
この転送が,手続きミスでストップしてしまったのです。24日10時半ごろ,無事復帰しました。我が畏友は,あまりにホームページ上で好き勝手にやっているので,ある筋からホームページが強制閉鎖されたのでは,と心配してくれました。
さて,おもしろいのは,このサービスです。 私や森本タケロウさん,遠藤泰子さんが一緒に申し込んだのは,worldnic という会社でした。しかし,そのサービスは アスキーに営業譲渡。 さらに現在はベリサイン社に営業譲渡。ほとんど,放浪している,としかいえませんね。突然,サービス停止なんてことになったら,それこそ,みなさんがアクセスしても,できなくなってしまいます。ちなみに,BIGLOBE でのURLは http://www5d.biglobe.ne.jp/~satoru-m です。こちらのほうを,ご登録いただいたほうが安全かも知れません・・・・。(7月24日記)

桜井クーン!!
ミスチルの桜井クンが,脳梗塞の疑いだそうで・・・。コンサートも中止。心配です。ダウンタウンのまっちゃんと並んで,私の大好きなタレント(歌手)なんで,まじ心配しています。(7月23日記)

郵政改革
公社法案や,郵政懇談会について,松原は毎日新聞インタビュー(7月11日),読売新聞論点(7月18日),週刊ポストインタビュー(7月22日発売号)で批判をしています。毎日のインタビューについて,ほぼ日刊 イトイ新聞の中で,鳥越俊太郎氏がコメントしてくれています。 このコメントは「全体としてこれは一歩か半歩か前進なのか、全く後ろ向きなのか評価に迷う」と正直に述べた上で,私のインタビューを「ある種の嘆きのインタビュー記事」としています。さすが鳥越さんで,この公社法案の評価は難しいのですが,郵政の専門家としてみると,「成果ゼロ」なんですね。まさにそれを「嘆いて」いるんです。そのあたりをきちんと汲み取ってくれています!
週刊ポストには,「怒りの告発」なんて見出しがつけられてしまい,ちょっと当惑気味ですが,怒っているのは間違いないので,まあいいでしょう・・・。(7月23日記)

物議
公社法案が衆議院を通過,7月24日には参議院において成立する見込みとなっています。松原は,この法案に関しては小泉総理完敗,との見方。これをマスコミが注目しています。小泉ブレーンが,叛旗,といったところなのでしょうか。でも,ダメなものはダメ,というのが大切でしょう。まじに,小泉郵政改革は,とん挫したと見ています。(7月19日記)

情報公開
審議会等の情報公開にはいくつかのパターンがあります。一番オープンなものは,審議会に記者の同席を認めるもの。その上で,議事録などが公開されます。次が,審議会の議事録の完全公開。「あー」とか「うー」まで公開されます。その次が,議事要旨の公開。これは,発言がコンパクトにまとめられて公開されます。そして,最後が「非公開」です。
道路の第三者委員会が,猪瀬直樹さんの提言で,一番オープンな「記者同席」公開となりました。一方,郵政懇談会の勉強会は,実質的な最終報告に向けての審議が進んでいるにもかかわらず「完全非公開」です。この差は大きい!国民の監視の目がない中で,いわば密室で郵政民営化の最終報告が作られようとしています。ひどい話です。
私が審議会の情報公開にこだわるのは,総務庁の「特殊法人情報公開」の参与をしていたときの経験からです。審議会の中で,私の意見が孤立して,まったく意見がかみ合わなくなったときです。肩を落として会場を去ったときに,審議会を傍聴していた複数の記者が駆け寄ってくれて,「松原さんの発言が,いちばん納得できる」と声をかけてくれたのです。もちろん,記者の個人的意見ではありますが,背後には国民の世論がある,と思いました。いかにこれで,勇気付けられたか!
国の将来,国民生活の今後を審議会というものは決めていくのですから,国民監視の中で,オープンに議論を進めなければなりません。しかしながら,郵政懇談会の勉強会では,どうがんばっても,私の意見は通りませんでした。ちなみに,記者を同席させてください,なんていうムリはいわずに,最低限,勉強会終了後に,座長の記者会見だけでもして欲しい,と懇願したのですが,ダメでした。本当にひどい話です。(ちなみに,座長会見すらできない,というのなら,委員辞職も考える,とまで発言したのですが・・・・)(7月10日記)

「修正」
郵政法案の修正が,決まりました。税金は払わない,ダイレクトメールは信書だ,ととんでもない修正です。小泉さんは,完全に押し込まれましたね。族議員の圧勝です!!!経営形態の見直し論議を4年間禁止するとの条項まで入ってのにはびっくり。こういった内容を,ニュースステーションのインタビューで答えました。(7月3日)

2002年6月以前

うらやましい

道路公団の審議会が発足。猪瀬直樹氏が委員に選ばれました。また,審議内容は記者に公開。一気に公団民営化が進むと思います。郵政懇談会で苦労する身としては「うらやましい!」の一言です。詳細は追って・・。
準決勝で敗れたものの,韓国もうらやましい!!(6月26日記)

くじら
私のゼミでは,学生たちが自主的に選んだテーマで,チームを組んで発表させています。そのテーマのひとつが,捕鯨問題でした。その発表で,今も私たちは鯨を食べていないので,特に捕鯨が認められなくてもいい,といった意見がありました。
実際,今の学生諸君は,鯨を食べた経験がないのです。(私は,給食などでずいぶん食べましたが)。そこで,ゼミで実際に鯨を食べよう,ということで,渋谷の「くじら屋」に行ってきました。学生たちの反応は,「おいしい」「魚と肉の両方みたい」なんてものでした。もしかすると,松原ゼミは捕鯨解禁派になったかもしれません。(私自身も,「くじら屋」さんは,10年ぶりぐらい。おいしかったので,「おいしい店」コーナーに入れましょう!)
ちなみに,鯨は比較的高価。学生諸君の出費は3000円として,超過分は松原が負担しました。いい先生かもしれません(笑い)。(6月20日記)

韓国
韓国・イタリア戦はほんとうにいい試合です。これと比べると,日本・トルコ戦は凡戦といわざるをえません。韓国の闘う姿勢は立派。あと日本と違うのはフォワードですね。日本のフォワードは最後まで情けなかった。日本の総得点5点のうち,フォワードは最初の鈴木の一点だけですから!
私は,次の日本監督は,岡田でほぼ決まりと見ています。トルシエの後をついで,新しい日本代表を作り上げて欲しいものです。そのためには,強力なフォワードがどうしても必要です。高原ともう一人,いまの代表以外から素材を見つけて,育て上げて欲しいものです。(6月18日記)
終わってしまった
短いような,長いようなワールドカップが終わってしまいました.でも,これだけ楽しませてくれて,トルシエ/日本.ありがとう!でも,松原は抜け殻です.(6月18日記)

デザイン変更
ホームページのデザインを変更中です。特に背景画像は,ホームページ開設時からの初変更です。(6月16日記)

やったあ
ついに,決勝リーグ進出。相手はトルコ。十二分に勝てる相手。その次がスウェーデンかセネガル。これも勝てない相手ではない。ベスト4進出の可能性が高まってきました。(6月14日記)

サッカー
やりましたね。へなちょこだった日本代表に,闘う姿勢を植え付けてくれたトルシエに感謝です。これで,1位突破。決勝リーグでコスタリカと闘うなんてことになったら,ドキドキですね。(6月10日記)

反日感情??
4日、サッカーの対ベルギー戦を会場で見ました。最高の盛り上がり、試合内容も両チーム、互角のすばらしいものでした。帰宅後も、スカパーでしっかり、中継録画を見て「復習」しました。ところで、試合開始時に審判が「コスタリカ」と聞いていやな予感が・・・。
かつて、日本代表の試合で、コスタリカの審判の方が、ひどい相手びいきの判定をしたのに居合わせたことがあったからです。
今回も、予感的中。ひどいベルギーびいきの判定でした。コスタリカという国に、なにか強い反日感情でもあるのでは、なんて思ってしまうほどでした。
でも、その中でよくやった!!ロシア戦が楽しみです。森岡が復活してくれることが願いです。(6月5日記)

おかしい!!
郵政三事業の総理の懇談会は,委員と官僚だけの「有識者勉強会」を開催してます。今年に入ってからは,大半がこの勉強会で,実質的な議論を重ねています。問題なのは,この勉強会の内容が,一切情報公開されないことです。5月31日に開催された勉強会で,私ははっきりと「この勉強会の内容が公開されないのはおかしい」と発言しました。また,委員の皆さんに自由に発言していただくため,といった内容非公開の理由にたいしては,「余計な配慮はしないでほしい。私自身は公開であろうがなかろうが,発言内容に一切差はない。」とちょっと声を荒げて抗議しました。
当日,私が提出した資料について,このホームページの「民営化研究コーナー」で公開します。(配布資料についても,非公開ということになっていますが,私自身が書いたものですから,私の責任で公開します。) (6月1日記)

いくらなんでも
パリのエルメスで,日本人にはバッグを二つまでしか売らないなんてニュースが流れました。もしこれが本当だったら,ひどい話ですね。まず,日本の全支店を閉めてから言え!!!と言いたい気分です。好きなだけ日本人で稼いでいながら,ほんとによく言うよ,です。日本で不買運動でも起こせばいい,と思います。(もちろん,パリなどでブランドを買いあさる日本人もどうかと思いますが。でも,それがイヤなら,日本人相手に商売しなければいいです!)手元にあるエルメス(といっても,タケロウさんにもらったのと,自分で買ったのの,二つだけですが)を全部捨ててしまいたくなりましたが,できない自分が情けない・・・・・。そういえば,TBSの小島慶子アナに,いらなくなったら欲しい,といわれてたんですよねえ。でも,あげない・・・・。(5月29日)

ドタキャン
ドタキャンというのは,一応事前連絡,あり,ですよね。事前連絡なしのドタキャン(かつてブッチなんて言葉もありましたか)に遭遇しました。週末の学会で,私がコメントを務めることになっていた発表者が,会場に現れなかったんです。座長(司会者)が,○○さん,いらっしゃいませんか?と問いかけて,はじめて「逃亡」が発覚。
無届逃亡は,あまり例がないのでは????結局,コメント役の松原と,座長がその場しのぎの発表をして,お茶を濁すということになりました。ひどい目にあいました。(5月27日記)

50分の1
前に,2の7乗と書きました。これは,パチンコの確変が7回連続で出たときのコメントです。この50分の1は,「全日空一機まるごとキャッシュバック」の確率。これになんと当たりました。搭乗前にアナウンスで発表。おめでとうございますの声の中を搭乗券を入れると,半券に大きな赤い★のマーク。飛行機を降りると,何人もの社員が「おめでとうございます」と迎えてくれて,大入り袋に入った1万円札が,キャンペーンガールから貰えるんです。みんなニコニコでした。もちろん,私も超ゴキゲン。縁起を担いで,使わないでおこうと思っています。(5月21日)

シュンスケ
大変な才能の持ち主,中村俊輔が代表落ち。よほどトルシエに嫌われていたんでしょう。監督との相性も,選手のウンですから。でも,残念です。しかし,ゴンちゃんと秋田の代表入りは大賛成。あのノルウェー戦の悪夢を払うような,チームになってほしいですね。まずは,土曜日のスウェーデン戦。ここで勝って,はずみをつけてもらいたい!!(5月18日記)

UFJ
サンデープロジェクト(12日)は,UFJの頭取が出演予定。UFJ頭取は,いま全銀協の会長。おそらく会長のテレビナマ出演ははじめてではないでしょうか?きっと,いつにもましてスタジオには緊張感が漂っているような気がします。(5月11日記)

究極の代表シフト
を考えてみました。日本のFW陣は全員失格。才能あふれるMF陣をフル活用。MF陣の中で,キック力はやはり中田ヒデが一番なので,ワントップ。DFの松田も失格。3バックの真ん中はやっぱり森岡じゃないと・・・。けがが治らなければ,宮本でも。いかがでしょう?(5月9日記)
中田

中村・小野

サントス・市川

稲本・戸田

中田浩二・森岡(宮本)・中沢

楢崎

アクセス
6日(月)の夜,TBSラジオ「アクセス」に出演しました。本来,長野の田中知事の出演なのですが,代打というか,スーパーサブというか,で代役を務めました。すでに,3回,ゲスト出演していましたが,代役ははじめて。
教員免状の更新制の導入の是非をめぐって,教員評価のあり方をリスナーの方たちとバトルトークしました。アンケートでは,評価導入に賛成がダブルスコアーでした。私も,私自身も,小中の先生たちもぬるま湯の中にいる,と思っていますから,評価導入に賛成の立場で話しました。
出演してみて,改めていい番組だと思いました。また,毎度ながら小島アナのアタマのよさにも脱帽。ただ,さすがに深夜までハイテンションで番組に出ると,帰宅してもすぐには眠れませんね。珍しく,梅酒でナイトキャップなどしてしまいました。これを毎日やっている,小島アナやスタッフは,本当にタイヘンだと思った次第です。
ps サッカーのレアル戦,ナマでみたかったのですが,眠くてダウン。FW西沢選手がダウンしたとの情報ですが,なんか,かつての高木選手のような気がしていて・・。こんなことを言ったら本当に失礼なんですが,日本代表にとってはよかったかもしれません。かといって,切り札のFWの選手がいないんですよね。いっそ,左のMF陣の中から抜擢,というのもいいかもしれません。サントス選手とか・・・。(5月8日記)

初泳ぎ
GW,東京はいい天気が続いてます。例年のように,初泳ぎを済ませました。2日で早くも焼けてきました。今年はあまり黒くならないように,日焼け止めでも塗ろうかと思っています。真っ黒でサンプロに出てえらそうなことを言っても,説得力がありませんからねえ。(5月3日記)

小泉内閣一周年
小泉内閣が発足して1周年。当初,驚異的だった人気も支持率も落ち着き(落ち込み?)普通の内閣並みになっています。私は,この間の採点は80点。合格点です。何をやったんだ,との声も聞こえますが,もし小泉内閣でなければ,と考えてみたいと思います。
1.国債30兆円枠はなく,大規模の景気刺激予算が作られたり,大規模補正予算が組まれていたはず。この平成不況10年の経験からすると,公共事業を中心とする景気刺激策はほとんど効果がありませんでした。景気がよくならないまま,国民の借金が増えただけの結果になっていたと思います。(ここまで4月26日記。続く。)

2.ペイオフは延期になっていたと思います。こんな経済状態ではペイオフどころではない,といった論調が自民党からもエコノミストの間からも強くでていました。4月から予定通りにペイオフ解禁したのは,小泉総理の指導力です。

3.道路公団の民営化も,小泉内閣だから決められたこと。誰もが絶対に手をつけることができなかった「聖域」です。自民党の政権基盤に自らメスを入れたのは大変なことです。その一方で,民主党などは,格好いいことをいいながら,自らの政権基盤にメスを入れようという勇気がある政治家は誰もいない。鳩山さんも菅さんも,全逓や全郵政といった郵政事業の労働組合に遠慮して,どうしても郵政民営化は言い出せない。横浜市長選でも,自治労=横浜市役所の労組に遠慮して,中田宏さんを応援できなかったのです。

4.その一方,不良債権処理では,内閣の不一致が目立ち,きちんとした前進は見られなかったと思います。金融庁と竹中大臣の対立は多くの人が知るところとなっています。4月28日(日)のサンデープロジェクトで,この点を私は竹中大臣に質問したところ「意見の違いがあること,それが表に出ることも構造改革の成果」といった反応がありました。実に正直なコメントですが,やはり政府はひとつになってもらわないと困るわけです。こういった点は,減点ですね。(ここまで4月29日記。続く。)

5.小泉内閣の正念場はこれから,です。石油公団改革での,経済産業省とのバトル。信書便法案での,自民党郵政族とのバトル。道路公団の第三者機関の人選。小泉さんがもっとも得意として,小泉改革の目玉の成否がここ1ヶ月の間で問われます!!このひとつでも敗北だと,80点は大幅減点になります。(5月1日記。)
自分でびっくり
アクセスが,200000突破です。200000をゲットしたのが,長くこのページを見てくださっている,すーちゃん,さん。200003になってしまったと,悔しいメールを送ってくれたのが,chuさん。みなさん,どうもありがとうございます。
ページを作ったのが,96年8月。インターネットがまだまだマイナーだった時期です。手探り,試行錯誤でページを開いた当時が懐かしく思い出されます。でも,本当にホームページの黎明期だったんですよ。

得した
実は,私は結婚式が不得意(もちろん,他人のです????)教員歴20年近くで,教え子の式に出たこと,ありませんから。しかし,某日,畏友のパーティに招待されて出席したら,なんとオペラ歌手の中丸三千絵さんも出席していて,なんとなんと,2曲もご披露してくれました。60人ほどの小さな会場での彼女の歌唱,痺れましたね。超トクしたカンジ。(4月24日記)

競馬
中央競馬会が,4月からiモードで馬券が買えるようにしました。遅ればせながら・・・,という感が強いのですが松原は早速登録。皐月賞ではじめてiモードで買ってみました。すごく便利で感動しましたけど,つまり歩きながらでも馬券を買えるわけですから,でも,負けました!!!(4月21日記)

学科主任
この4月から職場の主任を拝命。東洋大学経済学部社会経済システム学科です。できてから3年目です。学科設立の構想作りから関わってきたので,引き受けました。今年から3年生を迎えたので専門科目もスタートしました。松原的には目玉は,「メディアと文化」という科目。講師は,森本毅郎さん!!!11日の木曜日に講義スタートしました。ただ一つ心配していたのが学生の私語だったんですが,森本センセイの話に聞き入っていて,誰一人おしゃべりしないんですね。驚きました。タケロウさんの人をひきつける力を見せ付けられたというか・・。そういえば,小泉純一郎さんを3年前に特別講義で迎えたときも,私語ゼロでした・・・。(ちなみに,私の場合はだいぶ怒らないと,私語はあります。問題ですね,これは!!!)4月13日記

ザ・ワイド
日本テレビ系,ザワイド(午後2時から)に生出演しました。そのときに,美人女優と遭遇。ドキドキ!佐藤浩市さんもご一緒でした。後でホームページで調べたら「本上まなみ」さんと判明。
今まで,お会いして美人だな,とびっくりしたのが,ヒロコグレースさんと,この本上さんの二人ですね。どうでもいい話題でごめんなさい。ちなみに,出演は「みずほ」問題。コンピュータシステムを統一できなかったことが,最大の原因では,と述べました。富士銀がIBM,第一勧銀が富士通,興銀が日立ですから・・・。これじゃあ,ムリが出ますよね。(4月12日記)

横浜市長選Ⅳ
私の応援演説は
「現職(高秀候補)をいろいろな政党,組織が応援している。市の幹部職員,労働組合,業界団体など。現職は,もし当選したら,応援してくれている人たちの言うことを全部聞かなければならない。市の幹部には天下り先を,労働組合には職員給与のアップを,業界団体には公共事業を。みんな見返りを求めている。これで,まともな市政ができるのか?中田候補の応援団には,私を含めて,見返りを求める人は誰もいない。みんなボランティアだ。中田候補に,特定の団体などに遠慮しないで,市民のための政治をしてもらいたいのだ。」
といったものでした。それにしても,ギリギリの大逆転の当選でした。ほとんど孤立無援の中でのスタートでしたから。中田さんにはこういった期待に応える立派な市政をしてほしいと思います。(4月2日記)
横浜市長選Ⅲ
中田宏市長,誕生!!マスコミをはじめ,大方が厳しいと見られていた中田氏,見事に市長当選です。松原は超ゴキゲンです。(4月1日記)

辻元清美議員
辻元議員が,辞職しました。私は,結構好きな政治家でした。朝まで生テレビなどで何回かご一緒しましたし。サンデープロジェクト(3月24日)では,疑惑にきちんと答えていないじゃないか,と辻元議員に問いかけました。そのときに目があって,実に悲しそうでした。なんか,弱いものいじめをしているような,辛い気分でした・・・。(3月28日記)

いけるかも(横浜市長選Ⅱ)
24日、中田宏候補応援のため、横浜に行きました。駅西口での応援です。相当の人だかりができて、カンパ箱に1万円を入れる人も。なんか、熱気が出てきました。いけるかも、という期待を抱かせる盛り上がりでした。(3月24日記)

お花見
信じられないような早い時期に「開花」ですね。入学式で満開なのが,卒業式で満開ですよね。地球温暖化の影響なんでしょうか?松原は,新宿御苑が恒例のお花見場所。さくらがきれいなのはもちろん,宴会禁止が何よりもいい。お酒臭さも,カラオケ騒音もなし,ですから・・・。(以上,東京ローカルの話題でした)3月20日記

横浜市長選
17日から2週間,横浜市長選が始まりました。私は,無所属新人の中田宏氏応援のため,出陣式に行ってきました。多選の現職との一騎打ち,との新聞記事も見られます。2週間の選挙戦,何回かでも応援に行きたいと思っています。彼は,「郵政民営化研究会」のメンバー。出色の力をもった国会議員でした。ぜひ,横浜市の構造改革を進めて,日本の地方自治改革のお手本を示してもらいたいと思っています。(3月17日記)

喚問
テレビ東京「株式オープニングベル」の鈴木喚問特番に出演しました。リアルタイムでの喚問を見ながらの番組進行。緊張感があって,なかなかの体験でした。また,番組の途中に,福岡のラジオ局(RKB)の電話生出演がありました。スタジオから抜けて,インタビューに答えるのは,初めての体験。何食わぬ顔でスタジオに戻りましたが,見ていた人はわかったのかなあ?(3月12日記)

竹中大臣
サンデープロジェクト(3月3日)で竹中大臣に質問しました。
私は,『政府のデフレ対策には,不満。不良債権をきちんと処理すれば,大企業が複数,破綻する可能性が高い,そのためには銀行は相当の引き当てを積まなければならない,そうすれば,大手銀行の自己資本が毀損することになる。』と考えています。つまり,不良債権を処理するということは,大手銀行に公的資金を投入するということとセットになるはずです。
この点についての,政府のスタンスは揺れ続けているのです。これは報道されている通りで,金融庁は投入しない,竹中大臣と日銀は投入する,と正反対のスタンスです。
小泉総理は,この対立にきちんとした方針を示せていないのです。ここで,番組で質問したのですが,私としては明確な答えは返ってこなかったと思っています。竹中大臣の「公的資金投入だけが,対応策ではない」と仰っていました。その通りで,自己資本が8%を切ったときに,市場から退場させるのか,国内専業銀行(自己資本4%以上)にするのか,といった選択肢もあります。
しかし,いま話題になっている大手銀行は,つぶすわけには行かないでしょう。そうなると,公的資金の投入しか道はないはずです。このあたりの決断は,伝わってきませんでした。(3月4日記)

小学三年生
小学館から出ている小学三年生の4月号のまんがに登場。パコという妖精と一緒にまんがに出てきて「すげえ,大学の先生だ」なんてセリフを言ってもらっています。まんが登場は初体験。超ゴキゲンです。(3月4日記)

会食
2月28日(木),郵政の懇談会委員と,総理・総務大臣との会食がありました。中華料理を食べながら,楽しい食事でした。郵政の話などまったく出ず,皆で雑談で終始しました。レストランを出ると,マスコミが待ち構えていましたが,何にも話すことがなくて申し訳ない気分でした。ぶら下がりの取材に,ただ「このカニがうまいんだよなあ」なんて話しかしませんでした,というしかありませんでした。(3月1日記)

余波
昨年,アメリカのテロ発生で,マスコミの関心はほぼ一ヶ月こちらに集中して,経済や民営化問題は飛ばされました。今回の田中真紀子・外務省問題もその再来。今週末の経済ネタは,すべてこの問題に取って代わられました。松原の出演予定もすべてキャンセルです。でも,マスコミのこの対応は当然だと思います。視聴者=国民の関心に応えることが一番ですから。国民の関心が高いうちに,その問題をしっかりと論ずるべきです。外務省問題を梃子に,政・官・業の癒着を明らかにするチャンスです。(2月22日記)

田中真紀子
やっぱり,田中真紀子さんはいいですね。この人に,小泉内閣の改革の推進役を担ってほしかった・・・・。彼女には,国民の多数の声を聞きつけて,彼らを味方にひきつける力がありますからね。
ちなみに,テレビなどのコメンテータはあまり触れませんが,福田官房長官と,田中真紀子さんとのバトルは,角福二代目戦争なんですよね。また,官房副長官の安倍さんも二代目だし・・・。
今日,甲府で講演でした。10年近くになりますか,甲府の山梨看護学院(いまは,大学になっているかもしれません)の卒業式=戴帽式で講演したのを思い出しました。(2月20日記)

かえる
上のかえるちゃん,いまスロットマシーンで遊べます。松原は,777 が揃いました!もう少し星に帰るのを待ってもらいましょう。(2月17日記)

すごく不愉快なこと
今日(14日),ある勉強会で,W大の先生に私の意見を「偏っている」といわれました。意見に対して「反対」ならなんてことないのですが,「偏っている」というのは,失礼ですよね。W大の先生が一段上にいて,私を見下ろして「偏っている」ということですから。それも,なんかたいしたことない人に言われたんで,不愉快千万。すみません,ホームページでうさばらししています(苦笑)。(2月15日記)

朝日生命
私の生保は,話題の朝日生命。解約しないで,まだ継続しています。びくびく,の毎日。ただ,ここで考えたいのがそもそもの生命保険の意味です。契約が50年とか,それ以上に及ぶわけです。たとえば,20歳で入って,死ぬまで,ですから。50年先までその生命保険会社がきちんと経営している,という大前提があったわけです。いまの経済で,50年後にある会社があるかどうか,なんてまったくわかりませんよね。5年後だってわからない。
こう考えると,どこの生保があぶない,なんていう話ではないように思います。また,夫婦が対等にはたらいていれば,片方がなくなっても,子育てには困らない。生保なんてものは,専業主婦全盛時代の過去の遺物なのかもしれません。医療保険は必要でしょうけど・・・。
そんなことを考えながら,解約しないでいる松原でした(苦笑)。(2月12日記)

すくすくカウンタ
上にある「すくすくカウンタ」。久々に覗いてみたら「そろそろ,星に帰る」だって。なんか,さびしい気分です。(2月5日記)

サンプロ
2月3日のサンプロに出演。二つ発言しました。ひとつは,菅民主党幹事長に対して。小泉人気低落なのに,小泉批判をはじめていた民主党に支持が集まらないのはなぜ??,です。かれはごちゃごちゃ答えていましたが,私は「民主党が自らの既得権とバトルしていないから」がその理由だと思っています。全逓や自治労などのスポンサー組合の利益に反することを,民主党はどうしても言えていません。これでは,改革などできるわけがない。少なくとも小泉さんは,自ら(自民党)のスポンサーとは正面から戦っていますから。まず,獅子身中の虫から退治せよ,これが私の民主党へのアドバイスです。
もうひとつは,外務省改革は内部からはできない,です。自己改革ができるのなら,田中大臣はなにも苦労しなかったはず。外務省改革のためには,外部に強力な委員会を作ってすすめるべし,が私の意見。おまけは,その委員長には田中真紀子氏を据えるべき,でした。
でも,その実現可能性は低いでしょうね。(2月4日記)

国境
インターネットが国境を越える,というのはよく言われることですが,私のこのホームページ,「掲示板」にブラジルからの書き込みをいただきました(これから,たまにブラジルのサッカー事情なんかを書き込んでくれるそうです。乞うご期待!)また,いつもどおりのメールかと思うと,「今,パリです」なんて書いてあったり・・・。
私は,最近,海外へは出不精になっちゃっていますが,かつては年に4-5回は渡航していました。そのころは,現地で日本円で500円ぐらいの衛星版の日本の新聞をむさぼるように読んでいましたが,今は,日本の新聞社のホームページを見ればすんでしまうんですよね。(そういえば,去年は一度も海外に行ってないかも・・)(1月31日記)

二つの辞任
30日早朝に,田中外相罷免のニュースが流れました。小泉首相の改革を支持してきた人間として,この判断には大変がっかりしました。行政改革を研究してきた人間からすると,外交は,他に競合するもののない最大の国家の独占業務です(他には,日銀とか,造幣局とか・・・)。そこに今までチェックがかからず,好き放題にやってきたのが外務省です。田中氏の個性なくして,外務省改革は絶対にできないのです。小泉改革の大きな柱が,私は失われたと見ています。
もうひとつの,大橋巨泉さんの辞任。これは,とても許されることではありません。大橋氏の得票で当選した民主党議員がたくさんいるのです。彼一人の問題ではない。こんなひどい人間を引っ張り出した管直人幹事長の責任は重大です。個人的には,幹事長を辞職すべきだと思っています。同時に,参議院比例区の選挙制度自体を再検討する必要があるでしょう。自民党の高祖議員も辞職しているのです。自民,民主の大得票者が二人とも辞職するという異常事態ですね。(1月30日記)

iモード
iモードでのメールは,一日9億通にも及ぶといいます。ちなみに,郵便は・・・。ご存知ですか?7000万通。iモードメールは,スパムメールといわれる「迷惑メール」が大半を占めているといわれています。ただ,郵便にしても,無駄なダイレクトメールが相当数占めていますしね。それにしても,この差はすごいですね。(1月28日記)

タケロウさん
ひさびさに,(といっても半年振りかな?)森本毅郎さんと遠藤泰子さんと一杯やりました。10年近くのお付き合いですから,本当に楽しいひと時でした。タケロウさんは,この4月から,東洋大の私の学科(経済学部社会経済システム学科)で,講義が始まります。その準備を進めているんだ,なんて楽しそうに話してくれました。その内容はヒミツですが,私が聴きたくなるようなものでした。(ニセ学生で,もぐりこんで聴いちゃおうと思っています・・・) (1月23日記)

日経ビジネス
日経ビジネス誌サイトで,郵政民営化バトル展開中。松原と,相手は前特定郵便局長会会長。18日の段階で,109対5,19日12時で133対7.もちろん,今のところ松原の優勢(郵政じゃなくて)!。(1月19日)

サンデープロジェクト
1月13日(日),サンデープロジェクトに初出演。内容の濃い,緊張感のあふれる番組でした。特集?のコーナーでは比較的長いVTRの最中,スタジオがライトを落として映画館のようになって,出演者でモニターを見るんです。これにはちょっと驚きました。ただ,田原さんとは朝生テレビで,平沢議員は「リスクのクスリ」で,塩崎議員は「ネクストステージ」でご一緒でした。また,草野厚慶応大教授は以前からの知り合い。テレビに出る人って限られているんだなあと改めて思いました。(1月14日記)

2の7乗
2の7乗は,128.なんのことかというと,確変が7回続いたんです。図柄を見ると,ちょうど2分の1の確率。そうなると,128分の1,ということになります。これって,やっぱり珍しいことですよね,といいながら喜んでいます。ちなみに,5日の競馬は,京都金杯を1点で的中。なんとか投入額に近いところまでいきました。(1月6日記)

のんびり
今年の正月は,のんびりでした。東京は天気も穏やか・・・。仕事始めは7日(月)です。5日(土)は東京競馬場で「金杯」。売り上げが落ちている中央競馬会に貢献してきます。(中央競馬会も特殊法人なんですよね。昨年秋に成立した「独立行政法人等情報公開法」では公開の対象法人となっています。(1月4日記)

2001年12月以前のログ

年末

いかがおすごしでしょうか?私は28日,遅れていた原稿を書き上げ,メールで送信してお仕事終了。比較的のんびりしたお正月を迎えられそうです。今年も,年賀状はなし。これで3年目でしょうか。「まだ年賀状を書いてない」という重荷がない年末は気楽です。(12月29日記)

またまた,断念
今年9月にスタートした次世代携帯。ご存知のようにサービス開始とともにN2001を購入して,3週間で断念。12月に,通話エリアが広がるとともに,i-motion という動画配信サービスが開始。同時に端末も N2002に。
今度は!と思ってまたまた契約しました。これも3週間足らずで断念。ともかく通話が途切れる,メールも届かない,と,携帯電話の基本サービスが落第でした。ある番組の打ち合わせで,途中3-4回通話が途切れて,それで断念しました。結局打ち合わせは,FOMAではできずに,なんと,久々に公衆電話を使いました。
NTTDoCoMoさん。やっぱり,電波がしっかり届くようになってからサービス開始すべきでしょう!!。(12月20日記)

フジテレビ
12月19日(水),フジテレビの「ニュースジャパン」にビデオ出演。じつはこのビデオ撮り,お台場のフジテレビで行いました。東京のキー局は,NHK,日本テレビ,TBS,テレビ朝日,テレビ東京と各局に行った事があるんですが,お台場だけは未経験。一度行って見たかったので勇んででかけました。「活気があるな」が第一印象。ただ,「おしゃれ」な感じを味わう間もなく,収録が終わってしまいました。
年末のせいか,道路が混んでいて,往復に計2時間。ちょっと疲れました。(12月20日記)

郵便参入
郵便の民間参入が急遽,決着。2003年から全面民間参入。ただし,参入する民間事業者に全国同一料金を義務付け,です。この案は,2年前に小泉さん,松沢成文さんらと私が作ったもの。経済政策の専門家として,日本の郵便制度の原案を作るなんて,こんな機会は二度とありませんね。感慨深いものがあります。(12月13日記)

内親王
内親王の誕生,おめでとうございます。大方の「男の子」予想に反して「女の子」でしたね。私は女性の天皇(なんてお呼びするのでしょう??)待望しているんで,大歓迎です。でも,超がっかりしたのは,仮に皇室典範が変えられて女性天皇が誕生することになっても,そのときには私はいないんですよねえ。年齢を実感させられました。ちなみにいま47歳です。(12月2日記)

パソコン
シャープのmuramasaを購入。XPのプリインストール機。実機をはじめてみた人は、その薄さにびっくりしています。使いごごちもなかなかです。デスクトップは、NECのvaluestar Tシリーズの上位機を狙っていました。その理由は、17インチの液晶と、メモリスティックが使えることでした。
でも、この機種が出荷遅れでなかなか入手できない。そこで、通信販売で買うことにしたら、出荷遅れの原因判明。120ギガのハードディスクがないそうです。情けない話ですねえ。通販なので、メモリやハードディスクの選択が可能なので80ギガを選択したら、1週間で入荷、ということでした。(メモリは、なんと1024にしました。これでXPのパフォーマンスは十二分に発揮されるはず。到着が楽しみです。追ってレポートしますね。(11月26日)

ウイルス
今日、私のところに3箇所からウイルスメールが送られてきました。大学関係2箇所、国会議員1箇所です。W32/Aliz という名前のものらしいです。特に、大学関係の一ヶ所からは、複数の方やメーリングリストから届いたんで、ちょっとびっくりしました。さいわい、私のシステムは防御が完璧で被害はありませんでしたが・・・。皆さん、ご注意ください。

鮭児
鮭児という、鮭をご存知でしょうか?あこがれだったのですが、昨夜釜石でついに食べました.頭の部分です.おいしかったあ.(11月15日、釜石にて)

復習
モンスターが、あと3回で終了(たしか・・)、そこで、全巻復習に取組中。いま、11巻まで読み終えました。大作ですね。読み返してみると、全体の構成がしっかりしていてびっくり。逆に、途中で1-2回読み忘れると、もう全体の流れがわからなくなる。ヨハンが女装していたところを読み損ねていて、どうしてもストーリーがわからなかったのが、今回の復習でやっとわかりました。(この項、なんのことかわからない人も多いかもしれませんね(苦笑)。漫画です。)11月13日記

ほくほく線
直江津に行ってきました。親戚がいるので,好きな町なんですが私にとっての関所が「ほくほく線」。東京からだと,越後湯沢でこの線に乗り換えます。大半がトンネルで,高規格路線なので,相当のスピードで特急は爆走します。
そのときに,トンネルの入り口で耳が痛いんです!!!!!!
電車の速度に,車両の機密性がついていってないのでは?????????(11月6日)

最近,不愉快というか,びっくりしたこと!!
1.山の手線の中で,まつげをカールさせるもの(なんていうのでしょう??)に,ライターに火をつけて熱していた若い女がいたこと。

2.ドコモで,携帯電話の修理で並んでいたら,とつぜん若くない女性が割り込んできて,カウンターの中の電話を引っ張り出して,電話をかけ始めたこと!

3.ドコモの携帯を修理に出して,『有料修理』との判断。その判断理由を調べてもらっていたのに,シカトされたこと(FAXで理由を知らせてくれるはずが,もう一ヶ月も返事が来ない!)(10月23日記)

FOMA5
19日間で,FOMA撤退!!短い付き合いでした。詳細は追って・・・。(10月23日記)

FOMA4
FOMAの便利なところ。メールが5000字まで(たしか)読めます。普通のiモードは,AOL経由でないと,長文メールが読めませんでした。これは,便利!
今日,初めて暖房を使いました。皆さんのところはどうですか?(10月18日)

郵政懇談会
私は,小泉総理の「郵政三事業の在り方について検討する懇談会」の委員を務めています。10月11日(木)に,第4回の懇談会が開催されました。
ここは,総理の持論の郵政民営化を具体化するものとして期待されていますが,最近報道され始めましたが,郵政民営化に消極的な委員が数多く入っています。10人中,民営化推進派は4人などと報道されている始末です。
中で議論に参加している委員として,報道されている中身は,ほぼ実態そのものです。また,郵政官僚(総務省郵政企画管理局・郵政事業庁)も,総理の意向に強い抵抗の姿勢を示しています。12日(金)に郵便の民間参入について,私のところに「ご説明」に来た官僚とは,なんと怒鳴りあいになってしまいました。
私の事前予想をはるかに超える厳しいバトルになっています。近いうちに,このあたりの情勢を,「民営化コーナー」にアップします。皆さんの応援が必要になってきました!(10月13日記)

WORLDNICーJP
m@satorum.com が私のホームページ。.com になっています。これは,.com を取得代行する会社で登録したものでした。それが,「サービス終了」の連絡を受けました。まさか,このまま使えなくなるのでは,とぎょっとしましたが,アスキーがサービスを継続するとこのことで,ほっとしました。でも,新規登録は受け付けない,ということなので,私のような既契約者のサービスを継続するだけなのでしょう。
.com の取得サービスなどでは,商売がなりたたない,ということなのでしょうね。 ITビジネスは,難しいですね。そういえば,データシンクロサービスの,fusionone社も,有料化サービスを開始できないでいるようです。(2001年10月6日)

FOMA3
電池がもたない!!ちょっと長めに通話すると,もう一日持ちませんね。昨日(3日)なんて,半日がやっとでした。
なんか,数年前の携帯電話を思い出しました。私の場合は,従来機とまったく同じ使い方(通話やメール,インターネット)ですから,なんでこんなに電池が減るのか,ちょっと解せない気分です。(10月4日記)

FOMA2
結構,重大な欠陥だと思ったのは,ディスプレイの暗さ。太陽光の下では,ほとんど判読不能でした。(N2001)。(10月2日)

FOMA
FOMAを発売日にゲット。N2001の赤にしました。電池の消耗が早いというのは聞いていたけど,なんと予備電池が標準でついていました。「すぐ電池がなくなるので,予備を常時お持ちください」だって。サービス地域が狭いので,従来の携帯は解約せずにそのままキープ。だいぶ高コスト構造になってしまいました。詳細レポートは追って・・・。(10月2日記)

スポーツ
マラソンを見ていました。高橋尚子,すごかったですね。考えて見ると,サッカーの中田,野球のイチロー,佐々木,新庄と,いま,日本で世界に通用するのはスポーツだけじゃないか,という気になってきました。
ここ数年,飛行機で海外に行くこと自体がキライになってきた(面倒くさくなってきた?)私からすると,異なった環境の中で,体を使って活躍することの大変さを痛感します。気候も,時差も,食べ物も,言葉も違うわけですから。その中で体調をベストに維持すること自体が,大変なことですよね。
でも,かつては経済でしか世界に通用せずに,「エコノミックアニマル」なんていわれていたわけで,それを考えると,こういったスポーツでの活躍はいいですね!(01年9月30日記)

朝日新聞

21日,朝日新聞で「どうする日本経済,瀬戸際の選択肢」第四回「民営化」にインタビューが載っています。もちろん,私は民営化推進。相方の神野直彦東大教授は,反対派。気になるのが,神野氏の「日本の場合,民間部門自身が,いまだに不透明で不公正なところがある」として,民営化に反対の姿勢を示している点です。民間がダメだから,民営化してもダメ,という理屈です。しかし,国鉄や電電公社は,やはり株式会社になることで,大きく経営が変わりました。ベストではないかもしれないけど,ベターではあるはずです。
同じような議論を,郵政懇談会でご一緒の若杉教授も展開していました。若杉氏も東大。どうも,東大では今こういった議論が主流なのでしょうか?私には到底納得できない議論です。(9月21日記)

世界同時恐慌へ

私は,世界経済はすでに「世界同時不況」に突入していた,と見ていました。この10年間,世界経済を引っ張ってきたアメリカが,4-6月期でプラス0.2%のほぼ「ゼロ成長」。7-9月期はマイナスの可能性が高かったのです。
そこに,このテロですから,同時不況から,同時恐慌へとリスクは大きく高まったと考えるべきでしょう。小泉政権は,構造改革とともに,大胆な経済対策をとらざるをえない時期に来ています。財政再建優先論者の私が言うのだから,それほど事態は深刻, ということです。(9月18日記)

シングルCD

今は,なんていうとオジンくさくなっちゃうけど,シングルCDってほとんどが普通のサイズになっていて,小さなCDはもうほとんどないんですね。私のパソコンのCDは,小さなサイズのCDには非対応。どうしても聞きたいCDがあって,パソコンのCDのトレイをみると,小さなサイズ用のくぼみ?を発見。松原が取った対応は,横置き禁止のパソコンを,横に倒して,小さなサイズのCDをトレイに置いてみると・・・。見事に再生できました!(ちなみに,小さなCDを,普通サイズのCDサイズにするアダプターのようなもの=すみません,下手な表現で=は,もう売ってないんですね。)
ちなみに,どうしても聞きたかったのは,ミスチルがコンサートで歌っているという「独り言」という曲。これは「光の射すほうへ」のカップリング曲で,このシングルCDにしか収録されていないのです。
苦労の甲斐があって,確かに名曲でした。(9月17日)

むかつかれたみたい・・・。

テレビ朝日「スクープ21」に初出演しました。族議員について,自民党の松岡利勝さん,笹川尭さんとスタジオで討論。なんか,二人とも松原にむかついていたみたい。茶髪の変な学者に文句を言われている,といった感じだったのかも。それは,よくわかります(苦笑)。
終了後,あんたも「族学者」じゃないのか?なんて言われて,こちらも「僕には票も,金も,なんの利権もありませんよ」と反論するなど,緊迫した場面も。
でも,番組自体は,鳥越俊太郎さんもいい感じの人で,楽しかった。(9月10日記)

テレビ画像

BSデジタル放送の「ネクストステージ」の,松原出演部分が,インターネットで見られます。ついにここまで来たか,という感じですね。私は,インターネットの普及で,放送と通信の垣根がなくなる,と言い続けてきました。それなのに,法的な規制は残ったままです。
しかし,現実が,規制を追い越していくんですね。ビデオではありますが,テレビがインターネットで見られるようになったのです。
まだ,ブロードバンド用ではないので,画像も小さく荒いのですが,いつでもテレビ画像並みにするのは,技術的には可能です。多くの家庭にブロードバンドがひかれた日には,パソコンとテレビがまったく同じものになっていくのではないでしょうか?

高祖選挙事件

高祖さん(元近畿郵政局長)が,参議院比例区に立候補。彼を応援した公務員が次々と逮捕されています。公務員は,政治活動が基本的に禁止されているので,郵政事業庁,郵便局ぐるみの選挙は,公務員の地位利用違反になり,摘発が進んでいます。すでに15人逮捕。どうもこれが,全国に拡がる勢いです。由々しき事態ですね。この事件がらみで取材が殺到しています。(8月29日記)

朝ナマ

朝ナマテレビ(テレビ朝日系)に出演しました。午前一時から四時という深夜3時間のナマ放送。ゲスト12人という番組です。当日,朝5時起きで,午前中,テレビ東京にこれまたナマ出演したため,さすがに眠かった。
ただ,なかなか緊張感のあるいい番組でした。(8月26日記)

NHK

8月20日からテレビ東京で「株式オープニングベル」に出演しています。8月23日(木)のゲストが,石原行革大臣。放送の中で,特殊法人や認可法人のなかで民営化が難しいものは?という問いに,「NHKと日本赤十字社」と答えていました。これが,日経新聞の夕刊(23日)に,大きく取り上げられました。
番組に関わる人間としてはうれしかったのですが,大臣としては会話の言葉尻を取られた,と感じているのではないでしょうか?おそらく,きちんと詰めた上での発言ではなかったと思います。
大臣の一言,というのは影響力が大きいのですね。こういう中で,大臣の自由な発言はだんだん少なくなっていってしまうような気がしました。(8月23日記)

田中真紀子,がんばれ!

田中真紀子ブームから,真紀子バッシングに世の中のムードは転換中のようです。私は,もうすこし粘って,がんばってほしいと思っています。今までの,政治や行政は一種の予定調和の世界で,水面下でいろいろなことが決まっていました。
でも,真紀子さんがごねるたびに,そういった調和が崩れるんですよね。水面下の調整が表に出てくる。おもしろいじゃありませんか。正直にいうと,省庁の局長以上の人事は,官房長官・副長官で構成する人事検討会議の了承を得て閣議に諮る制度があるなんて,知りませんでした。この会議のお陰で,田中外相は,人事権を官邸に縛られていたんですよね。
こういうことがわかるだけでも,いいじゃないですか。外交が停滞,といったって,日本の外務省は,筋が通った外交なんてしてこなかったんじゃないでしょうか?機密費ばっかり無駄遣いしたり,タクシー券を巻き上げたり・・・。(8月8日記)

選挙

小泉内閣の支持が,そのまま自民党につながりましたね。これで,改革が加速する可能性がぐっと高まったと思います。自民党は表立って,改革反対を言いづらくなりました。
今回の選挙で私が注目したのが,自民党比例区の高祖憲治氏。郵政官僚出身で,特定局長会などがバックアップ。なんと,47万票以上を取って上位当選。もうひとりが,民主党比例区の伊藤基隆氏。郵便局の労働組合,全逓の元委員長。全逓の全面的な支援で,19万票以上を取って,こちらも上位当選。郵政省既得権軍団の力,恐るべし!!
ただ,そうはいっても,全当選者の中のたった二人であることも事実です。どんな業界も,何人も議員を出していますし・・・。(このホームページの「掲示板」で,郵政民営化についての議論が出ています。ごらんになってください。)

もうひとつ。仙台市長選。私は,かつての同僚,樋口美智子氏を応援していました。残念ながら落選。浅野宮城県知事が,三顧の礼で彼女を迎えたくせに,今回の選挙では支持しないで,既得権そのものの現職を支持。どうなっちゃってるんだろう???うーーん。くやしい!
ただ,公共事業(仙台の場合は,地下鉄建設です)の見直しや行革を公約に掲げた彼女の戦いは,必ず将来につながる,と信じています。(7月30日記)

暑い日が・・・

本当に暑い日が続きますね。政治の世界もホットです!!

メール

私の知り合いのジャーナリスト(結構有名な人です)から,こんなメールもらいました。

------

郵政民営化懇談会の発足、「おめでとうございます」……と言うべきかどうか。とに

かく大変な仕事を引き受けられたものです。早速、野中が「3事業の国営化を守る」

と言っていて、多分、こうした自民党の旧体制派との壮絶なバトルになるでしょう。

なんだか戦地に向かうコマンドを見ているようで……。

---------

まさに,的確な指摘です。

戦地で任務を果たすために,戦闘準備中です。郵政関係の勉強をやり直しています。このホームページで,適宜,情報提供していきます。

2001年6月以前 

小泉さん(その2)

5月29日日経朝刊,読売朝刊に,「郵政懇談会」概要固まる,という記事が。田中直毅氏座長とともに松原の名が出ています。小泉さんと,郵政民営化の論議を進めることになりそうです。忙しくなりそうな予感が・・・。

感動

こんなことが,あるのかな?という事故発生。二階の自室で携帯電話を使っていて,手がすべったら,なんと空いていた窓から下に転落!!!!!。鈍い音がして・・・。それも,機種はNECのN503i。開いたままの状態で転落です。
あわてて救出にいったら,なんと無事。それも,きちんと閉じた状態で着地。ちなみに,地面は石が敷き詰めてあり,軟らかい土ではありません。
携帯を二階から落とすというのも驚きだけど,無事だったN503iにも驚き。傷も,アンテナ部分についただけで,本体は無事。N503i,たいしたもんだ!(5月5日)

堂本さん

千葉県知事に当選した堂本さん。さきがけ時代からの知り合いです。当時のさきがけは,永田町からちょっと離れた,赤坂の奥まった狭い一方通行沿いのビルの一階に本部がありました。そこに,武村さんらがひしめいていて,「梁山泊」みたいだ,なんて言っていました。
その後も,郵政民営化などでお付き合いが続いて,堂本さんのパーティに呼ばれたり,私も学会のコメンテータに呼んだり,という仲でした。
堂本さんは,あまり知られていませんが,自・社・さ連立時代のさきがけの代表選手でした。橋本さん,土井さん,堂本さんの3人で与党協議をやっていたのです。その時の裏話などを聞かせてもらっていました。
また,7月の参議院選挙を控えて,さきがけがなくなってしまったわけですから,「先生,私,どこの政党から出たらいいと思う」なんてニコニコ聞かれて,絶句したこともありました。
私の大好きな政治家の一人です。その堂本さんが,千葉県知事。きっと,いい仕事をしてくれるんじゃないかと思います。(4月19日記)

小泉さん

小泉純一郎さんが,自民党総裁選で話題を集めています。小泉さんとは,郵政民営化で一緒に仕事をした仲。郵政事業改革の方向を,小泉さん,松沢成文(民主党)と私の3人で詰めた仲です。東洋大学での講演をお願いしたときに,二つ返事で,それもタダで引き受けてくれました。
彼が首相になれば,日本は大きくかわると思います。(4月15日)

3の13乗

totoを買っています。うーーん。なかなか当たらない。当たり前ですね。確率は,3の13乗ですから,478万2969通り。まあ,すごい数ですね。(4月9日記)

サバティカル

大学には,サバティカル(セブンという意味らしい)という研究休暇制度があります。まつばらは,4月からこの研究休暇に突入。ゼミ以外は,講義も教授会も一切ありませーん。超ご機嫌です。いまは,研究報告書のとりまとめなどで,バタバタしていますが,そのうち,ヒマになるはずです。(4月4日記)

密会??

先日,日本全国8時です,降板のご挨拶をかねて,森本毅郎さん,遠藤泰子さんと浅草で「密会」。お二人から,なんと森本さんとおそろいのバッグをプレゼントしてもらいました。楽しい「打ち上げ会」になりました。
じつはヤッコさんとは何回も飲む機会はあったんですが,森本さんとは初めて・・・。森本さんが忙しいのと,お酒を飲まないのが,飲む機会がなかった一番の理由でしょう。
また,森本さんはゴルフをやりますが,松原はやらない,それももう一つの理由かもしれません。

ソニーの新携帯

ソニーの携帯電話,SO503i を衝動買い。それも,発売日に,です。実は,ソニーの携帯は,かっこのよさに惹かれて,前の機種を買いました。あまりの使い勝手の悪さに,なんと,たった2日で手放しました。でも,今回の機種は,社内でも好評だ(前回の機種は,社内でも不評だったということ????)との話を聞き,購入。今のところ,使いやすく,満足しています。色は,オレンジ。失敗したかな,と思いましたが,今のところ満足。しばらく,使えそうです。問題は,5月の次世代携帯ですね。商売柄,買わないわけにいかないかも・・・。(3月13日記)

3月

2月は,本当に早いですね。あっという間に3月。私の友人の陶芸家がホームページを開きました。ぜひ,ご覧ください。

新パソコン

番組が終わったご褒美に,自分でパソコンを買いました。悩んだ末に,ソニーのLX91という液晶デスクトップ。どうしても,ウィンドウズ2000がほしかったので。詳細はまたご報告します。

というわけで・・・

2月15日で,日本全国8時です,を降板いたしました。本当に長い間,ありがとうございました。放送をはじめて9年になりますが,この間,ほとんど嫌がらせなどを受けることなく,好き勝手におしゃべりさせていただきました。この番組のリスナーの方たちのレベルの高さに,私の放送を支えられてきたように思います。
本当に長い間,ありがとうございました。
今日の放送は,ブルートゥース。もう少し,最終回らしい話題にすればよかったかな,とちょっと後悔の念が・・・。

いよいよ

このホームページで1ヶ月前に公表してから,ついに最終放送直前になってきました。淡々とした性格なのか,いつも通りに放送をして,そのまま終わりになりそうです。今週のネタは,「ブルートゥース」でもやろうかな,と思っています。それから,たくさんの皆さんが,掲示板に書き込みをしてくださって,どうもありがとう!!(2月13日記)

2月15日(木)

最終放送日が決まりました。15日の木曜日です。あと3回ですか・・。いろいろ、新しい仕事が始まるんで、本人はウキウキ気分です。もちろん、寂しい気持ちもありますが。(1月27日記)

ご報告

「日本全国8時です」の担当を降板することになりました。長い間、聞いてくださった皆さん。本当にありがとうございました。このホームページ上で、はじめて報告します。最終放送がいつになるかは、まだ未定ですが・・・。番組自体は続きます。また、このホームページも、もちろん継続します。これからもどうぞよろしく!!(2001年1月14日記)

アクセス

TBSラジオのアクセスに、1月8日(月)出演しました。バトルトークラジオと銘打った、夜10時からの番組。「省庁再編」でのゲストに呼ばれました。肩肘はった番組かと思いましたが、思いの外、小島アナとコメンテータの方とのやり取りが自然で、ちょっとおふぜけも入って楽しいものでした。
1時間半ほどの長い番組で、だいぶいいたいことをしゃべることができました。リスナーが電話をかけてきて、直接やりとりするんですが、それもおもしろかった。
いろいろな番組があるんですね。(2001年1月10日記)

はなまる小学校

最近、TBSテレビ「はなまるマーケット」の火曜日9時30分からの「はなまる小学校」というコーナーにたまに出演しています。いろいろな番組に出てきましたが、このコーナー、結構気に入っています。昨年12月12日出演、分のテーマをリンクしました。興味がある方は、覗いてみてください。(1月9日記)

ブックプレゼント

1月4日、メールとはがきの抽選をしました。メールは330通。はがきが180通。合計500通を超えました。25倍の難関!でした。全部目を通しましたので、ちょっと疲れました。ふう。

私は、年末28日の放送と、年初4日の放送の間は完全オフでした。旅行にも出かけず、ゆっくりしていました。みなさんは??

5日は、金杯に行って来ます。儲かるかな??(1月4日記)

あけましておめでとうございます

21世紀に突入です。みなさんの20世紀はいかがでしたか?本年もよろしくお願いいたします。

2000年12月以前

年末

年末が近づいてきました。例年に比べ、東京は道が混んでいないような気がしていますが・・・。株価が14000円を割ったのは、経済学者としてショックでした。政策的に、もう打つ手がないんですよね。日本経済、どうなっちゃうんだろう??本当に心配です。

どうしても許せないのが、新聞各紙。14000円割れを一面トップにしたところは、一つもありませんでした。なんと、一面に記事すら載せなかったところも。「景気が悪い」と書き立てると余計悪くなるから、あまり悪い悪いと書くのはやめよう、という談合がかつてあったとも聞いています。(景気が悪いと、新聞の広告宣伝が減るから、こういう談合が成立したとの話も・・・)

政府が、景気が悪いことを隠すのはわかりますが、なにも新聞までも隠すことはないのでは??

聴取率調査の結果

日本全国8時です、は、関東地区では森本毅郎スタンバイの一コーナーです。そのスタンバイ、今回の聴取率調査で、3回連続、全番組中のトップを維持しました。つまり、半年間連続、ということです。タケロウさんも、スタッフも、みんなご機嫌です。(11月17日)

聴取率調査

今週(19日)は,2ヶ月に一度のラジオ聴取率週間。番組プレゼントや,特別ゲストが目立ちませんか?(笑い)

超ショック

4級の船舶免許,学科試験,合格しました。でも,指定された実技試験日が,どうしてもダメ。申請し直し(学科は免除ですが)です。トホホ。(2000年10月5日記)

サッカー

オリンピックがはじまってから,松原のスケジュールは全てサッカー最優先。試合の日の仕事はすべて断っています。それにしても・・・。ブラジル!!!。なんで南アに負けたんだろう。
いつもは強気の松原も,カナリア軍団に引き分け以上というのは,ちょっと・・・。がんばれ,ニッポン。(9月18日記)

4級

4級の船舶免許挑戦を決めました。いま,学科を必死で勉強中ですが,予想以上に難しいですね。船のことはもちろん,エンジンや各種法律,気象まで勉強しなければなりません。悪戦苦闘中,というところでしょうか?
問題は実技試験日。これは,こちらで決められないんです。なんとか用事のない日になるように祈っているんですが・・・。でも平日で予定がない日なんてあまりありませんから・・・。どうなることか。(9月15日記)

早速!

サミットで,外国記者にiモードが配布されたのはご存知?その機種がN502iのカラー版。それが一般に販売され,私も入手。画面がなかなかキレイでごきげんです。携帯は,パナソニック製(Pシリーズ)が最軽量をウリに,人気を誇ってきました。しかし,いま売れ線は,NEC製に。携帯が電話として使われた時代には,小さければ小さいほどよかった。しかし,携帯がiモードとして使われるようになると,メールの打ち安さや,画面の大きさなどが問題に。
そこで,折りたたみ式のやや大きなNシリーズが一番人気。そのNに待望のカラー版が出たということです。N人気は,携帯が,携帯電話ではなくて,情報端末としてのケータイに変わったことのひとつの証拠じゃないでしょうか?

ごめんなさい

ちょっと更新をお休みしていました。新しい著書「既得権の構造ー「政・官・民」のスクラムは崩せるかー」(PHP新書)を執筆していました。ようやく完成。9月中旬には店頭に・・。また,放送でプレゼントします。乞うご期待!!(200年8月30日)

ドットコム効果

ドメインをドットコムに替えてから,このページへのアクセスが増えました。いったん,satorum.com にしてみると,従来の www.toyonet.toyo.ac.jp/~satoru のながいこと,ながいこと・・。私の場合は,個人のホームページですけど,企業のホームページでは,こんな長くて覚えにくいアドレスでは,ホームページは見てもらえませんね。そんなことを実感しました。(8月5日)

まっちゃん

松原は,ダウンタウンの松本人志さんの大ファン。先日,彼の出身地尼崎をおとずれる機会が。ちょっとドキドキしました。(7月28日記)

便利な時代!!

覚えているでしょうか?放送で,参議院の委員会で参考人としてお話してきたことを取り上げたのを。その委員会議事録がインターネットで公開されています。(urlは現在,探索中)

最短記録

携帯電話は,NECのN502を使っていました。でも,あまりに多くの人が使っているので,ちょっと嫌気がさしていて・・・。そんなときにX社の新502シリーズが発売。特にブルーのがかっこよくて・・・。つい,買い換えてしまいました。ところが,あまりの使い勝手の悪さに,たった2日でギブアップ。NECのに戻しました。うーーーん。外見にだまされてしまった。逆に,NECの使い勝手のよさを再認識。よく売れている,ということは,それなりの根拠があるんですね。ちょっと反省というか,がっかりしています。(7月15日記)

有名人人事考課

松原が,以下のホームページでトルシエ監督,まっちゃん(松本仁志)なととならんで「人事考課」されました。おもしろいので,覗いてみてください。(2000年7月8日記)

http://www2u.biglobe.ne.jp/~kana_/index.htm

落雷

落雷といえば,香港返還の取材の帰り,飛行機に落雷。居眠りしていたんだけど,大きなショックで目が覚めました。機長の「いまのところ,異常がないので東京に向かいます』というコメントに冷や汗。
じつは,4日の夕立で,我が家のそばに落雷。なんとFAXが完全に壊れてしまいました。あわててパソコンのつけてみると・・・,無事でした。ほっ!!でも,落雷じゃあ,無料修理対象外ですよねえ。(7月4日記)

もどりました

モントリオールから戻りました。向こうでホームページを更新したらかっこよかったのですが・・・。メールや日本の新聞社のホームページを覗くのが精一杯でした。

2000年6月以前のログ

モントリオール

学会にさんかするため,カナダ・モントリオールに行ってきます。15日の放送はお休みです。ナイアガラの滝を見て来たいのですが,時間が取れるかどうか・・・。(6月9日記)

日焼け

だいぶ日に焼けて,みんなにどうしたの?と聞かれます。都内に屋外温水プールがあって,5月から通っているうちに,ほんとうに黒くなってしまいました。ただでさえ,大学の教員にみられないのに,ますます,正体不明に・・・。タケロウさんに放送で「ガングロ教授」といわれてしまいました。(6月7日記)

額面広告

この言葉,初めて知ったのですが,電車の広告で,「吊り」ではなくて,壁の枠にはめ込むもの(といったらわかりますか?)のことです。「図解・IT革命が見る見るわかる」が,首都圏のJR各線に額面広告が出されると出版社から聞きました。5月26日から10日間だそうです。(5月23日記)

バスジャック

5月4日放送は,バスジャック特番で流れました。これは,9年目ではじめての体験。ちょっと得した気分というか,ちょっと損した気分というか(笑い)。

ゴキゲン2

5月1日に,都内のプールがオープン。もちろん屋外。早くも初泳ぎを済ませました。10月のクローズから半年,待ちに待ったプール開き。幸い,絶好の好天気。松原は超ゴキゲン!!(5月2日記)

ゴキゲン

25日に,発売8日目で「IT革命が見る見るわかる」増刷が決定しました。松原はゴキゲンです。(4月25日)

270通

本のプレゼント,270通ほどの応募がありました。あと,はがきでの応募を合わせて,20名さまにプレゼントいたします。当選者は,ホームページで発表の上,お送りします。発表は,今週の金曜日を予定しています。(4月24日)

新学期

新学期スタート。さあ,という気持ちと,大変だなあという気持ちが葛藤。教育関係者はみんなこうなんでしょうかねえ?(00年4月15日)

ゴミ

30日放送のゴミ問題は,多くの方から問い合わせをいただきました。「日本全国8時です」に放送で紹介した会社のホームページを紹介しました。

BL

BL,すべて見ました。絶対に死なないとおもっていたんだけど,不自然なハッピーエンドよりは,よかったかも知れない・・・。(2000年3月26日)

お待たせしていました

パソコンの調整に手間取って,更新が遅れました。ペコリ。でも,新パソコン「シンプレム」がようやくフル稼働。これから,また更新しますので,どうぞよろしく!!(2000年3月26日記)

パソコン

松原のパソコン。激変です。まず,現在のメイン機,ソニーのバイオ。突然,電源が落ちるという大トラブルに遭遇。もちろん,再起動せず。あわてて,NECのシンプレムを購入。この理由は,ともかくタクシーで持って帰ることができるデスクトップ。これだけです。本の締め切りが迫っていて,1日たりとも作業をストップできなかったんです。
また,モバイル機も,VICTORからシャープのCE機(テリオス)に乗り換え。これは,液晶がどうしても見にくく,TFTに変えたかったからです。
もうひとつ,これは4月からですが,わが地域のCATVがサービス変更。なんと,なんと,1メガのサービス開始。それも,月7000円かな。
パソコンから通信環境まで,一気に変わることになります。追ってレポートします。(2000年3月10日記)

うるう日

我が家の電波時計が,うるう日で狂いました。2月29日に,3月1日表示。電池を抜いて,再度スタートさせても,やっぱり1日分先になっています。ところで,総務庁の委員会は,相変わらずバトルが続いています。1日も,4時間以上!!へとへとですが,がんばっています。
でも,すごいなと感心するのが委員長。私よりは20歳は年上でしょうが,体力は委員長のほうが上のような・・。知力はもちろん向こうが上ですから・・・。

BLとガキとナカタ

日曜日の定番。9時BL,11時ガキ,11時30分ナカタ。わかりますか?BLはビューティフルライフ。大のお気に入りなんですが,今は中だるみですね。緊張感が欠けてきた。終盤への再盛り上がりを期待。ガキは,ダウンタウン。実は大ファンで,ビデオもたくさん持っています。最後はナカタ。というわけで,日曜日の夜は大忙しです。(2月29日記)

BL

日曜日午後9時は,BLで決まり!!最後は常盤が死んじゃうのか,そればっかりが気になっています・・・。(2月13日記)

氷まつりと桜島

講演で地方に行き,めずらしく泊まってきました。苫小牧では帰りに支笏湖の氷祭りを見てきました。氷が薄いグリーンでじつにきれいでした。数ヶ月かけて,湖の水を霧にして吹き付けるそうです。
そのあと,鹿児島。生まれて初めて桜島を見ました。あまりに大きいのでびっくり。趣味の水族館見物をして,水中を見られる遊覧船にのろうとしたら,遊覧船のほうは,「つぶれました】とのこと。残念。(2月4日記)

群馬県松井田町

先日,群馬県松井田町に講演に行ってきました。妙義山の麓のいい町でした(寒かったけど)。が,信越本線で高崎を出ると,アステルのPHPが「圏外」に。やっぱり,地方に出る機会が多い私のような仕事は,携帯ですね。そこで,早速J-PHONEにしました。別に藤原紀香(こんな字でしたっけ)さんが好きなわけじゃないけど。店員の方に薦められて・・。フルレートもハーフレートもよくわかっているしっかりした知識をもった人で,ドコモの502iを狙っていたんですが,説得されてJ-PHONEにしてしまいした。今のところ満足です。(2000年1月23日記)

大リストラ

それほどたいした事ではないかも知れませんが,松原のSOHOの通信環境をこの冬休みに一変しました。まず,ISDNの固定電話2回線を,アナログ1回線にしました。これは,データ通信を,ケーブルテレビの回線にしていて,ISDNを使っていなかったから。固定回線は,FAXのみとなりました。
次に,携帯電話。これもやめにして,PHSに。音質や通話地域もいまのところ不満なし。これで地方にいったとき,どうかな?ですが。(追ってレポートします)
これで,相当コスト削減になったはずです。月5000円ぐらいかな?
私の主たる通信手段が,電子メールになっているんですね。だから,固定電話もいらない。FAXも,あまり使わないし。(私のモバイル通信紹介を,パソコン紹介に載せました。ごらんください。)

賀正

新年明けましておめでとうございます。今年の冬休みは,仕事を全部オフにして,のんびり過ごしています。皆さんはいかがですか?
今年もよろしくお願いいたします。
昨年から年賀状を全廃。代わりに電子メールで新年のご挨拶をしています。でも,電子メールで届いた年賀状はごく少数。まだまだ郵便の年賀状が圧倒的ですね。やはり日本の文化に根付いているんでしょうね。
私自身は,ミスチルから年賀状が届いてゴキゲンでした。(単なるファンクラブ宛てのものですが・・・)(2000年1月4日記)

1999.12以前のログ

初期ロット

購入直後に電源が入らなかったというCE機,またも不具合が発生。問い合わせたところ,初期ロット(生産開始直後の製品という意味です)に同様のトラブル発生とのこと。教訓。新しいものに飛びついてはいけません。1-2ヶ月待ってから買いましょう!!修理経過などは,追ってお知らせします。(99年12月16日記)

授業評価

東洋大学の経済学部学生が自主的に授業評価に取り組んでいます。教員が教育のレベルアップに取り組むのは当たり前ですが,学生の中からこういった動きが出てきたのは,大歓迎というか,ちょっと感激しています。教員サイドとしても,全面的に応援したいと思っています。学生のホームページをご参考ください(1999年12月5日記)

小泉純一郎先生

小泉さんが,東洋大学で講演をしてくれました。学生も大喜び。特に印象に残ったのが,若い人も政治に関心を持ってください,の一言。ここまでは当たり前。その先に,そうしないと,政治のほうでも若い人に関心を持ちませんよ,と。いまの,借金に借金を重ねる政策は,若い人に負担を強いるもの。若い人が政治に関心を持たないと,結局,若い人にツケがまわる,と。
そうですね。投票に来てくれない人のことを,やはり政治は後回しにしますからね。(99年12月2日記)

いいわけ

ちょっと,激務が続いていて,ホームページの更新が遅れてごめんなさい。11月に5回の総務庁の審議会が入ったのが痛い。
特殊法人の情報公開をめぐる審議会で,1回に5法人のヒアリング。だいたい,3時間半ぐらいかかる。
NHKとか,道路公団とか目白押し,やりがいがあります。
今週で,激務も一段落(するはず)。いよいよ,ホームページの充実に取り掛かります。
10万回ヒットは,結局4名の方が当選となりました。こちらのほうも,賞品の決定など,もう少しお待ちください。(99年11月25日記)

ブレスレット

25日の放送で,ブレスレットをタケロウさんにからかわれてしまいました。
じつは,昔(高校生ぐらい)から,ブレスレットとか,ネックレスとか,結構好きなんです。いまも好きで,たまにつけています。今日はそれを目ざとくヤッコさんにみつかっちゃって・・・。
ますます,大学教授らしくないですよねえ。(99年11月25日記)

もうすぐ10万ヒット

カウンターがもうすぐ十万に。なにかイベントをしないといけませんねえ。(99年11月5日記)

嫌いなもの

嫌いなもの,一つ増えました。「小切手」。ある会合で小切手で謝礼をいただいたものの,どうやっていいかわからず。最初に発行銀行の窓口へ。すると,私自身がその銀行と取引していないと、ダメ。次に,私の取引銀行へ。今度は,預金通帳を持って,その通帳の発行支店へ,だって。
私は,いち早くインターネットバンキングをはじめて,便利になったなあと喜んでいたのに・・・。通帳なんて,どこかに行っちゃったし,そうこうしている間に,小切手自体がどっかにいっちゃうし。トホホ,です。
でも,この時代に,小切手なんてねえ。そのぐらい知らなくて,経済学者が務まるかといわれても・・・。(99年10月9日記)

快調

初期不良で交換を余儀なくされたCE機。いまは快調です。(コンピュータコーナーに詳細)99年9月26日記

びっくり!!

windows CE機が欲しくなって,軽量さと乾電池駆動が気に入って,発売直後のビクターのインターリンクを今朝購入。大学でいざ、起動となったら,うんともすんとも動かない・・・。まったく電源が入らないのです。すぐ、サポートに電話。リセットなどの指示を受けても問題は解決せず。
結局初期不良でした。それにしても,電源が入らないとは・・・。購入店で代替機に替えて貰いました。
さすがに,代替機は好調。お気に入りです。それにしても,それにしても,電源が入らないとは・・・。パソコン10台目で,電源すら入らないという経験ははじめて!!!
サポートの対応と,購入店の対応がよかったので,キレませんでしたが,危うく第二の東芝事件の主役になりそうでした。

(でも,わざわざ,お店に交換に行く手間や時間,こういうのは,まったく補償されないんですよねえ。ちょっと不可解です。ひどい目にあいました。なんか,テレホンカードの1枚でももらえると,気も晴れるんだけど。)99年9月20日記

タケロウさんのパーティ

17日,都内のホテルで,タケロウさんの豪華パーティ。フジテレビ,TBSテレビ,TBSラジオの共催という,珍しいものでした。200人以上が集い,総合司会が遠藤泰子さん,サブが小島奈津子さん(スーパーナイトのアシスタントの人)という豪華版。タケロウさんの勢いを感じさせられました。ちなみに,パーティの名目は,「還暦祝い」でした。赤いちゃんちゃんこを着せられたタケロウさん。やっぱり似合わなかった。(99年9月18日記)

三内丸山遺跡

青森に出かける用事があったので,三内丸山遺跡に行きました。あまりの規模に驚き。私が小中学校で習った歴史の教科書とはまったく違う「縄文」の世界に驚き。
さらに,現地を案内してくれたのが,ボランティアの方。じつにわかりやすい説明を,大雨の中丁寧にしてくれました。地元の方なんでしょうね。遺跡をみんなで守っていこう,ということなのでしょうか。ちょっと感動しました。(9月14日記)

いいなあ!!

夏休みも終わりですね。大学の講義は,中旬のスタートですがやはり9月になると,忙しさも増してきます。
ところで,タケロウさん。これから夏休み。いいなあ!!(9月2日記)

スカパー2

スカパーの工事が完了。徐々に見始めています。衛星で,デジタルという新しい技術に,遅ればせながら,感動を覚えています。個人宛ての連絡は,メールで届くし,チャンネル数の多さにもあらためて驚き。
BSの時代じゃありませんね。地上波のデジタル化も,CSがあれば,必要ないんじゃない?と思えるほど・・・。この件,一度放送でも取り上げましょう。(99年8月27日)

森本毅郎先生

東洋大学経済学部では,来年度から「社会経済システム学科」などを新設。松原は,この学科の所属となります。この学科は私が中心となって,完全半期制や,1年次での一般教養科目廃止,必修クラス制の導入などの改革を実現しました。そして目玉が,3-4年生向けの「メディアと文化」。なんと,担当は森本毅郎さん。ちゃんと,毎週1回来て,講義をしてくれるんですよ。(詳細は追って・・・)(99年8月19日)

スカパー

どうしても,セリエAがみたいので,スカパーを購入。土曜日に工事です。(2階の屋根の上に上る根性はないので・・・)。
今年のセリエAは,ロナウドとビエリがならぶインテルと,インザーギ,デルピエロのユーべの対決では??インテルが,世界選抜並みのチームだとすると,ユーベは,超美男ツートップ。
やっぱり,インテルかなあ?それに次ぐのは,フィオレンティーナ。どうでしょう,この予測。ACミランはだめでないでしょうか?レギュラーを取れないレオさま,日本に戻ってきて!!(99年8月16日)

暑かった!!

8月10日,札幌に行ってきました。おどろいたのは,散水車。線路が高温で曲がってしまうために,散水車で散水して温度を下げているらしい。
タクシーの冷房も効かないし,なんか街全体が,暑さに対応できていないような感じを受けました。
残念ながら,日帰り。ただただ,暑さに驚いただけで,東京に戻りました。
ところで,私のホームページへのアクセス,ついに1週間で7000を突破。やはり,「石川県,おかまバー」なんてのが衝撃だったのでしょうね。また,「身に覚えがある」というひとからの連絡もありました。この問題の特設ページを作ろうと思っています。(8月11日)

ほかにも・・

ホームページへの到達者を,どこから,そしてどんな検索語で,を同時に公表しているホームページは,「海の家」以外にもあるそうです。そこでも,国家公務員と地方公務員が狙われているそうです。やっぱり,「税金」を使う人には世間の目は厳しい??
ホームページ上で,もう少し,このインターネットのセキュリティ問題を考えてみたいと思います。なにか情報をお知りの方,ご連絡ください。(8月9日)

反響

8月5日(木)放送は、大きな反響を呼んでいます。

8月5日17時2000アクセス。(5日朝の段階で、カウンタは1900)

8月6日11時4000。8月6日23時30分 5000突破です。

ありがとう

8月5日の放送後、たくさんの方がアクセスしてくれました。その中で、HMさんが、左側のフレーム画像に白い線が入って見にくかったのを直してくれました。
また、MOさん。リンク後にも、わたしのHPのフレームが残ってしまう問題を解決してくれました。
どうもありがとう!!
多くの方にアクセスしてもらうと、こういうメリットがあるんですね。
そういえば、以前には、MOさんに画像をひとつ、透視画像に変えてもらったこともありました。(99年8月6日)

ショック

8月に入りました。東京は暑い毎日。ひまを見つけてはプール通い。だいぶ黒くなりました。結構忙しい夏休みなんですが、この顔の色では説得力がありませんねえ(笑い)。
ひとつ、ショックなニュースが。サッカーのセリエAの放映権を、スカイパーフェクTVが獲得。ということは、WOWOWでは見られない・・・。
いま、仕方ないので、スカイパーフェクTVの資料を取り寄せて、導入の方向で考えています。心を動かされたのは(笑い)、サッカーセットというのがあるんですね。サッカー関係の4チャンネルで、月1500円。
また、このスカイパーフェクTVは、おそらくソニーの21世紀戦略の中核を担っていると思っています。音楽配信とか、パソコンとの連動とか・・・。となると、やはりいい機会なんで導入してみましょうかねえ。(使い勝手などは、いずれご報告します) 8月1日記

博多で,山笠祭りを見てきました。まあ,ふんどしのオンパレード,圧倒されました!!

MKタクシーで,体格のいい運転手さんに遭遇。前に,あるところでMKの130キロ(スピードじゃなくて,体重!!)の運転手さんを紹介したといったら,ラジオでしょう,とおっしゃって,よくその放送を聞いたお客さんに「あなたが,130キロなの?」と聞かれるとこぼしていました。
結構,みなさん,放送を聞いてくださっているんですね。

学生

私の1-2年生のゼミで、ディベートを行いました。チーム分けから、論文作成、質問表の作成、ディベート当日の司会まで、すべて学生に任せました。
これが、ちゃんとできるんですよね。「今の学生は・・」なんて言っている教員のほうが、よほどいい加減かもしれません。
教員は、「先生、先生」といわれているうちに、自分が人より一段高い存在のような、勘違いをしてしまう面があると思います。まったくそんなことはないのに・・・。実は、学生のほうがよほど世間の常識を知っていたりする。
これは、大学だけの話ではありません。小学校でも、中学校でも言えることではないでしょうか。
そんなことを考えさせるほど、学生の自主作業は立派なものでした。(1999年7月7日記)

40ドル

アメリカでは、電話でインターネットへの常時接続が、40から50ドル。いまの日本円だと、5000円ちょっとでしょうか。NTTが、つなぎ放題で、1万円以上という値段を打ち出したようです。これに、プロバイダへの接続料が数千円プラスされますから、トータルで15000円以上に。

やっぱり、高いですよね。私が加入しているトシマネットは、接続料・HP5メガ含めて5000円。アメリカ並、ですね。この値段でつなぎ放し、というのは実に快適です。

トシマネットだけが、一足早くアメリカ並のインターネット環境、ということですね。一日も早く、日本のどこでも、この程度の料金でインターネット常時接続が実現するといいですね。(7月4日)

ディベート

私のゼミでは、ディベートを重視しています。前期は、4チーム(各4人ほど)が試合。テーマは、「米軍基地」と「脳死」です。それぞれ、チームごとに論文を作成し、それを交換した上で、本番のディベートです。
各チームが作成した論文が、「松原ゼミ非公式ホームページ」に掲載されています。

本番は、7日。どうなるでしょうね。(99年7月1日記)

ごきげん コンピュータシステム一新!!

メイン機をソニーの vaio R に替えました。旧機からの移行がほぼ完成。テレビは、インターネットTVガイドのvaio専用版から、クリックだけでハードディスクに録画できます。また、いまはレーサーディスク(これもそろそろ死語になるでしょうね)もコンピュータにつないで、ミスチルをコンピュータ上で見ながら、このホームページの更新をしています。超!ご機嫌です。
また、インターネット接続も、ケーブルテレビに替えj、24時間つなぎっぱなし、となりました。
問題は、コスト。vaio R は実売22万円から(これで十分実用に耐えます)、インターネットは月4000円(5メガのHPを含めて、すべて込み)。なんか、すごい時代になってきましたね。

 

ソニーのvaioRにしました

いろいろ考えたすえ、ソニーのバイオRにしました。パソコンの進歩は、扱えるものが文字から画像、動画へと広がった事にあるというのが持論。やはりいま正面から動画処理にこだわったのが、この機種ですのでこれに決めました。
でも、松原のニーズからすると、動画処理はほとんど必要なし(というか、デジタルビデオを撮って編集という趣味がまったくないんです)。もっぱら、テレビをパソコンに録画して楽しむ、という、ビデオデッキとテレビがあればすむじゃない、という使い方に終始しそうですが・・・。

悩んでます

コンピュータ各社の、夏のモデルが勢揃い。私のメイン機も、ペンティアム200.HDも1.5メガ。最新機のスペックと比べると、情けなくなってきます。新しいマシンを買おうかどうか、迷っている最中です。液晶もいいし・・・。ビデオ処理ができるソニーのバイオも魅力的だし・・。

インターネット割引

週末、京都で学会。ホテルを取っていなかったので、インターネットで検索。多くのホテルで、インターネット予約割引があるのには、びっくり。15000円の部屋が、10000円でした。やっぱり、情報が武器の時代ですよね。

1999年6月以前のログ

夜間大学院

法政大学の夜間大学院で講義をしました。他大学の学生さん向けにお話しすることはまずないので、新鮮な経験でした。いろいろな職業の方が、夜6時30分から勉強しているのです。一般学部の夜間部は、じつは働く人は少数派になっています。しかし、大学院では、ほとんど全ての方が、職をもっていたようです。
2時間お話しして、休憩5分、その後討議1時間。まあ、大変なハードワークでしたが、自分でも勉強になったいい機会でした。
(これが、9日の話。帰宅したのが10時30分頃でしたか・・・。それから、10日の放送準備。寝不足です)
6月10日記

★ブックプレゼント当選者発表★

松原聡監修「手に取るように日本の課題がわかる本」(かんき出版)1400円。
当選者が決まりました。遅くとも今週中(12日頃まで)に発送するようにいたします。

(はがき)
相川智子,新井美知子,石川千華,尾崎葉子,小野寺聡,加賀谷敏衛,金澤久美子,加納啓子,熊沢すみ江,栗林郁人,佐川博康,佐藤由美子,杉原えつ子,曽根令子,田村清輝,常井晴道,西田良市,浜田輝夫,浜里一博,林俊之,林富代,平山加代,三浦佳奈子,三津間弥生,武藤敏子,本結康夫,山本克樹,横塚好男,吉井美奈子(以上30名。応募341名中)

(Eメール)
HKomatu,田口久美,藤谷泰三,すがわら,eabe,ozakimidori,KMEーSCD,satok.s,野島茂夫,中村俊彦,suzuki06so,(以上11名,95名中)

いいわけ(その1)

ホームページを移動中です。これは、パソコンの接続をISDNからケーブルテレビ(LAN)に変えたからです。もちろん、asahi-net のままでもよかったのですが、なぜかasahi-netは、LANからの接続が基本的にできない仕様になっています。(ダイアルアップが原則)。ホームページへのアップも、LANからだとできないのです。
そこで、ホームページもケーブルテレビに移動することにしました。当面は、asahi-net も残しますが。(99年6月5日記)

いいわけ(その2)

emailアドレスも、変更しました。これはなんと、@toyonet.toyo.ac.jp で、かつて放送でお話しした危険なアドレス(ac.jp) です。ただ、これは東洋大学が運用を全面的にbiglobe にアウトソーシングしたもので、セキュリティは、一般の ne.jp 並です。
なぜ、これをメールアドレスにしたかといいますと、ケーブルテレビのアドレスでは、ダイアルアップ接続ができないのです。当たり前ですよね、そこが最大のメリットですから。となると、モバイルで電子メールの送受信ができないのです。
そこで、ダイアルアップ接続ができる、このメールアドレスを「常用」することにしたわけです。(6月5日記)

CATVインターネット

ついにCATV(ケーブルテレビ)のインターネットサービスに加入。24時間接続を満喫しています。せっかくのISDN回線がムダになってしまいました。アメリカでは当たり前の、電話とCATVの競争、を実感しました。(5月29日記)

ケーブルテレビのインターネットに挑戦!

自宅のケーブルテレビが、インターネットサービスを開始!利用してみることにしました。月額4000円で24時間繋ぎっぱなしが可能になります。使い勝手はどんなものでしょう。当面、asahi-net(このホームページです)と併存してみますが・・・。(5月9日記)