てんぷら

以下ご紹介するお店は,てんつゆをまず使いません。私は,てんぷらと天つゆはどう考えても,相性が悪いと考えています。てんぷらの醍醐味は,あっさりとした揚げごごちとアツアツ感のはず。天つゆにつけると,それが濡れてしまい,ぬるくなってしまうわけですから・・・。てんぷらは塩に限る!よこ田さんは,てんつゆは大根おろしを入れてサラダがわりに食べてください,なんておっしゃるし,京星さんは,天つゆ自体がでません。
そうなると,つける塩が勝負。それぞれのお店は工夫を凝らしています。

よこ田(麻布十番)
あまりてんぷらは好きじゃなかったんですが。タケローさんの番組で一緒だった遠藤泰子さんに連れて行ってもらって,このお店からテンプラ好きになりました。素材によっては,テンプラにして熱を加えたほうがおいしい,ということを教わりました!!
あっさりしたテンプラで,ワインがよく合います。松原はだいたいハーフサイズのワインを頼んでいます。1万円か1.5万円ぐらい。 (2002年6月11日記)
インサイダー高野さんのコメント
【最上のてんぷら。8人が精いっぱいのカウンターだけなので予約が必要。マスターが一人一人の好みや食べるペースに合わせて絶妙のサービスをしてくれて、とても豊かな気分になれる。その割には高くない。火曜日が休み。】(高野さんのホームページはこちら)

春日(浅草)
知る人ぞ知る,浅草の天ぷらの名店。ほとんどマスコミに出ることはありません。就任直後の小泉さんが,ずっと官邸で食事をとっていたことが話題になりましたが,はじめて彼が「外食」をしたのが,ここ春日でした。食事前のお茶,メインの天ぷら,食後のデザート,すべて違う部屋でいただきます。味はもちろん,雰囲気も最高です。お値段。かなり高いです・・・。(2004年6月記 )
Mさんのコメント
てんぷらは春日ですね!
春日のえびは最高です!シラクさんは30数匹召し上がられたとか(^_^;) (06年2月4日)

Sさんのコメント
[こちらの佇まいは本当に素敵ですね。お部屋のあちこちにお客様をお迎えする心配りが見受けられます。てんぷらももちろんおいしいし、締めのおいもも他では味わえません。でも最近ちょっとごま油の香りが邪魔してきているような気がしますが。。。(06年8月3日)]

七丁目京星(銀座)
銀座の電通通りに面した古いビルにある天ぷら屋さん。おそらく日本で一番ちいさなエビをだします。いくいらでも食べられてしまい,今日は25匹お出ししました,なんて言われてしまいます。ここのえびは絶品ですね。お値段。かなり高いです。(2004年6月記)

「電通どおりに面した古いビルの中にあり、時代物のエレベーターで辿り着くとご夫婦で迎えてくれます。カウンター8,9席だけの小さなお店ですが、落ち着いた隠れ家風の雰囲気がなにより。」

「小さな海老が絶品。小指ほどの大きさでしょうか。小さければ小さいほど、味が凝縮しているような気がします。」
(男の隠れ家、06年7月号より)

Sさんのコメント
[あの小才巻にはとってもビックリ!女性の小指位しかない小さなえびですよね。でもしっかりと甘みもおいしさもあっていくらでも食べられちゃう。それと、てんぷらは断然塩派!の私には京星のこだわりが好きです。(06年8月3日)]→「京星のこだわり」というのは、京星がつゆをまったく出さないことだと思います。

一宝( 銀座・大阪も・・)
大阪が拠点の「一宝」。大阪で定宿にしている阪急インターナショナルホテルに入っているのを、「ルームサービスメニュー」で発見。すぐ、お店に行きました。ひとりでてんぷらを食べるのは、はじめての経験だったのですが、全然OK。その後、東京銀座の、交詢ビルに入店(八重洲店が移転したそう)したので、そこにも伺いました。大阪で2度、東京で2度ほど伺い、おいしくいただきました。卵の黄身のてんぷらが、異色で、かつおいしいのでおすすめ!(05年8月4日記)
その後東京店に、だいぶ通って、この12月に初めて大阪の本店に行きました。すばらしい店構え。お父様が、大阪本店。次男が東京と家族経営のよさが感じられました。三ツ星にランクアップです。(05年12月11日記)

Sさんのコメント
[大阪には伺ったことはありませんが、八重洲にあったころからお気に入りでした。江戸前とは違って紅花油なのでとてもあっさりといただけますね。口直しのレタス&らっきょうが面白い、いつもおかわりしちゃいます。(06年8月3日)]