WBCに脱帽・・・

 WBCでまず驚いたのが、アジア出場チームがたったの4。ちなみに、サッカーワールドカップは44(ドイツ大会)。世界全体でも、たったの16。ワールドカップは205(イギリスだけが4協会)。オリンピックから、野球が排除されるのもわかります。世界的に見たマイナースポーツに、専用球場(野球は、他の競技場での開催はまず困難ですから)を作るというのはいかにも不合理です。
 さらに、その16チームで39試合をやるというのですから。最終的に、日韓は5回も対戦しています。
 というわけで、WBCにはまったく興味がなかったのですが、日本国民の関心の高さ、テレビ視聴率の高さにびっくりしました。野球発祥の国アメリカと、どこかで国民性に共通項があるのでは?と思うほどでした。
 ただ、決勝戦、最終回から見始めて、おもわず延長まで見てしまいました。ダルビッシュの速球や、スライダー?の切れにびっくり。WBCと、日本を優勝に導いた原監督に脱帽です。
 ただ、この大会レギュレーションで、次回も行われるか、というと、大きな疑問符がつきますでしょうが・・・。